マラルメの詩学 抒情と抽象をめぐる近現代の芸術家たち 宗像衣子 勁草書房

1999年 A5判 P376+索引・文献目録P42 帯少スレ カバー少ヤケ、僅キズ 小口少時代シミ ページ端波打ち

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

1,850円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
6月27日(月)の13時以降は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌28日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

海外文学評論・エッセイ

美術・建築・デザイン評論・美術史・図像学ほか



1999年 A5判 P376+索引・文献目録P42 帯少スレ カバー少ヤケ、僅キズ 小口少時代シミ ページ端波打ち

“マラルメの「ことばとイマージュ」が紡ぎだす創造的拡がりと芸術家群像。
近代から現代へ、文学と美術と音楽の交歓。
日本文化をも含む総合的地平で捉えたダイナミックな比較芸術論、。”(帯文)

“…マラルメが詩的行為を創造行為と見なし、「語」を創造の素材、芸術要素と見なしたことは、われわれに他の芸術形式、芸術ジャンルの創造の在り方のことを考えさせないだろうか。実際、詩人の生きた十九世紀後半は芸術諸ジャンルの交流と融合を特徴とするのであり、詩人自身そのただなかにいた。
〈略〉
本書の構成としては、第一部で、「ことばの芸術」としてのマラルメの世界の在り方を、続く第三部で諸芸術家の創造性と比較検討するために、その基盤として眺望することにする。「語」にまつわる創造的思考、そしてそうした思考と形象的に密接に結ばれた「花」と「扇」のモチーフを考察の対象とする。第二部では、近代芸術の歩みとして、マネや印象派たちとマラルメとの関係を検討する。第三部では現代芸術への推移として、後期印象派、象徴主義、アール・ヌーヴォー、とマラルメとの関係を考察する。
〈略〉
そうして第四部で、それまでの比較考察のなかで捉えられるマラルメの創造世界の多面的な意味を、現代芸術への流れにおいて、美術と音楽の世界と対照しながら位置づけることを試みる。…”(本書「序」より)

目次:
まえがき


【第一部 マラルメの詩学 ―ことばの芸術】
第一章 芸術要素としての「語」
 一 文学の流れ/二 詩的言語/三 語の構築/四 詩的行為/五 創造の両義性
第二章 創造性の在り方 ―音楽性に基づく抽象的特質
 一 抽象的性質/二 音楽性/三 中枢の空無
第三章 詩的様態I ―「花」と抽象的動性、あるいは詩のことば
 一 「花」と律動的構築/二 「花」と造形的形成
第四章 詩的様態II ―「扇」と抒情的運動、あるいは語の構築
 一 「扇」、日常と非日常/二 「扇」、大気の振動と異国の気分
第五章 詩的様態III ―創造行為と中枢の無、『骰子一擲』の一様相
 一 空白と沈黙の価値化/二 イマージュの形成と「無」の生成/三 両義的世界と創造的宇宙

【第二部 マラルメと同時代の芸術家たち ―近代芸術の流れ】
一章マラルメとマネ
 一 芸術の流れとニ人の出会い/二 「一八七四年のための絵画審査委員会とマネ氏」、モデルニテと公衆/三 『大鴉』(一八七五)の挿絵、虚構空間の創造/四 『半獣神の午後』(一八七六)の挿絵、抒情的寡黙の世界/五 「印象派の画家たちとエドゥアール・マネ」(一八七六)、芸術要素の不完全性/六 『工ドガー・ポー詩集』(一八八八)の挿絵、「火曜会」の師
第二章 マラルメと印象派の仲間たち
 一 綜合芸術運動としての印象主義/二 モネと色、幻想的抒情と抽象性/三 ドガと構成、抽象的知性/四 他の印象派の画家/五 印象主義の世界}

【第三部 マラルメと彼をめぐる芸術家たち ―現代芸術への推移】
第一章 マラルメと後期印象派
 一 ルノワールと輪郭、生の純粋と抒情/二 セザンヌと形、幾何学的構築性/三 意識と無意識における抒情と抽象
第二章 マラルメと象徴主義者たち
 一 象徴主義の概念/二 モローと不可視のもの/三 ルドンと魂の歌/四 ゴーガンと抽象的思考/五 象徴主義の風土と東洋
第三章 マラルメとアール・ヌーヴォー
 一 芸術諸ジャンルの相互浸透と国際的交流、ジャポニスム/二 造形的モチーフ「髪」、生的なものと非生的なものの融合の線描/三 マラルメの視覚的モチーフ「髪」、科学の光と闇/四 精神的社会的背景、伝統と革新

【第四部 マラルメの先駆的価値 ―「近現代芸術の三つの幹」
第一章 マラルメとセザンヌ以降の芸術 ―純粋造形のゆくえと世界に対するヴィジョン
 一 セザンヌ以降/二 フォーヴィスト、マチスと詩画集『マラルメ詩集』/三 キュビスト、ピカソとブラック、マラルメへの共感/四 カンディンスキー、抽象芸術と現代芸術への道
第二章 マラルメとドビュッシーをめぐる音楽 ―音の探究と外界に対する感覚
 一 ドビュッシー以前、ワーグナーへの賛美と留保/ニ ドビュッシーと師マラルメ、響き合う創造性/三 ドビュッシー以降、現代の音楽と非西欧文化圏
第三章 ヴォリンガーの思索 ―抒情と抽象、マラルメの根本的価値
 一 マラルメの文学的射程/二 ヴォリンガーと世界観/三 マラルメの芸術的文化的価値

結び

図版
あとがき
主要参考文献
図版リスト
人名索引
販売価格

1,850円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
6月27日(月)の13時以降は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌28日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM