映画における意味作用に関する試論 クリスチャン・メッツ 監訳:浅沼圭司 叢書記号学的実践 水声社

ホーム

美術・建築・デザイン 演劇・舞踏・映像芸術

人文・社会科学 言語学・記号学・メディア論

2005年 A5判 P440 カバー端僅イタミ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

0円(税込)

●出張のお知らせ●
9月27日(月)の14時以降は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌28日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
売り切れました


2005年 A5判 P440 カバー端僅イタミ

副題:映画記号学の基本問題

訳:木村建哉、曽根幸子、武田潔、西澤栄美子、早川恭只、村山匡一郎

“《言語学は、言語に関する分析によって、まず映画がなんでないかを明らかにし、次いでわずかずつ、そして自らを記号学の枠組みのもとに位置づけながら、映画がなんであるかを示唆してくれることになる。
映画に現れるのは「文」や断定や現働化された単位のみである。
それらについて、どうして言語との関連を探ってみずにいられようか。》
映画が記号学的分析の対象となりうるひとつの言語活動であることをしめして今日の映画記号学の確立に決定的な貢献をなした記念碑的論文集にして映画理論を学ぶすべての人々にとっての必読の書。
《映画(シネマ)の「固有性」とは、言語活動になろうとする芸術のただなかに、芸術になろうとする言語活動が存在するということなのである。》”(カバー裏紹介文)

目次:
はじめに

【I 映画への現象学的アプローチ】
1 映画における現実感について
2 叙述的なものの現象学のためのいくつかの考察

【II 映画記号学の諸問題】
3 映画 ―言語か言語活動か
4 映画記号学の問題点
5 フィクション映画における外示の諸問題

【III 映像の帯の連辞的分析】
6 ジャック・ロジエの映画『アディユ・フィリピーヌ』における「自律的線分」一覧表
7 ジャック・ロジエの映画『アディユ・フィリピーヌ』の大連辞関係研究

【IV 〈現代〉映画 ―理論的諸問題】
8 現代映画と叙述性
9 フェリーニの『8 1/2』の「入れ子」構造
10 映画における語ることと語られるもの ―真実らしさの衰退へ

用語対照表
監訳者あとがき

販売価格

0円(税込)

●出張のお知らせ●
9月27日(月)の14時以降は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌28日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
売り切れました

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM