澁澤龍彦綺譚集 全2巻揃 日本文芸社

ホーム

国内文学 小説

幻想・綺想・怪奇・シュルレアリスム・前衛・・・ 澁澤龍彦

全集・セット本

1991年 A5判 P567、544 各巻とも帯・函・月報付 本体元パラ少イタミ 小口少時代シミ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

2,700円(税込)

購入数




1991年 A5判 P567、544 各巻とも帯・函・月報付 本体元パラ少イタミ 小口少時代シミ

翻訳、文学や美術に関する評論、アンソロジーなどの仕事も多く残した澁澤龍彦の、小説・物語のみを集めた作品集。

“今回刊行される『澁澤龍彦綺譚集』は、この(※1)中で著者自らが列挙している『犬狼都市』『唐草物語』『ねむり姫』『うつろ舟』『高丘親王航海記』を主軸とし、これに著者によって死の直前に発掘が予言されていた最初期作品集『エピクロスの肋骨』、更には『ドラコニア綺譚集』を加え、澁澤龍彦の「綺譚」あるいは「小説/物語」の宇宙を象ることを企図したものである。…”(巻末「解題」より)
(※1 澁澤が死の一カ月ほど前に記したと考えられる文章「新編ビブリオテカのためのあとがき」のこと。)

【第1巻】
“エロスと夢幻、流麗にして絢爛たる物語の饗宴”(帯文)
目次:
I {撲滅の賦/エピクロスの肋骨/錬金術的コント}
II {犬狼都市(キュノポリス)/陽物神譚/マドンナの真珠}
III {鳥と少女/空飛ぶ大納言/火山に死す/女体消滅/三つの髑髏/金色堂異聞/六道の辻/蜃気楼}
IV {極楽島について/鏡と影について/飛ぶ頭について/かぼちゃについて/文字食う虫について/スペインの絵について/ラテン詩人と蜜蜂について/箱の中の虫について/桃鳩図について/仮面について/童子について/巨像について}
解題

月報:澁澤龍彦小説集のために(中沢新一)/変身と消滅―澁澤龍彦の小説世界(川本三郎)/コント・アラベスク(平出隆)/幾何学的眩暈(三浦雅士)/綺譚またオブジェならむ(高山宏)

【第2巻】
“怪奇と幻想、警抜にして精妙なる綺譚の宇宙”(帯文)
目次:
V {ねむり姫/狐媚記/ぼろんじ/画美人}
VI {護法/魚鱗記/花妖記/髑髏盃/菊燈台/髮切り/うつろ舟/ダイダロス}
VII 高丘親王航海記 {儒艮/蘭房/獏園/蜜人/鏡湖/真珠/頻伽}
死の予感 あとがきにかえて(澁澤龍子)
解題

月報:『澁澤龍彦綺譚集』刊行に寄せて(奥野健男)/ラディカリズムとしての中庸(松山巖)/「物」の昇華(川村二郎)/小説読みの醍醐味(高橋睦郎)/球体のものがたり(中野美代子)

販売価格

2,700円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM