言葉の守り人 ホルヘ・ミゲル・ココム・ペッチ 訳:吉田栄人 国書刊行会

ホーム

海外文学 小説・物語

幻想・綺想・怪奇・シュルレアリスム・前衛・・・ その他海外幻想文学・芸術・評論

2020年 四六判 P219 帯・カバー端僅イタミ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

2,000円(税込)

購入数



2020年 四六判 P219 帯・カバー端僅イタミ

シリーズ「新しいマヤの文学」

“ぼくたちは語り、伝え続ける
[近年、アニミズム的世界に生きるマヤ人の末裔が、日々の苦しみ、あるいは人を愛し、いつくしむ心を自らの言葉で語るようになった。われわれが失って久しい世界についての彼らの貴重な証言が、文学作品としてここに邦訳されたことは快挙と言っていい。 ―木村築一]
神話の森を舞台に繰り広げられる呪術的マヤファンタジー。”(帯文)

“「ぼく」はある時、祖父のグレゴリオおじいさんに呼ばれ、マヤの伝承の語り手たる〈言葉の守り人〉に選ばれた。
おじいさんに連れられて、「ぼく」は神々と精霊たちが棲まう森へ、〈言葉の守り人〉になるための修行に出かける。
不思議な鳥たちとの邂逅、風の精霊の召喚儀式、蛇神の見せる夢と幻影の試練……「ぼく」は森の中で不思識な体験をしながら、おじいさんから〈言葉の守り人〉を継ぐために必要な、世界と言葉のもつ秘密を少しずつ教わっていく。
現代マヤ語文学を代表する作家ホルへ・ミゲル・ココム・ペッチによる、神話の森を舞台に少年が受ける通過儀礼と成長を描いた、呪術的マヤ・ファンタジー。”(カバー袖紹介文)

目次:
I トウモロコシの種の力
II 通過儀礼 ―風の修行、夢の修行
III 七つの質問
IV 秘密の名前
V 鳥の秘密(一)
VI 鳥の秘密(二)
VII 風の秘密
VIII 言葉の守り人

訳者あとがき

販売価格

2,000円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM