中国の幽霊 怪異を語る伝統 竹田晃 東京大学出版会

1980年 四六判 P232+索引P4 カバー背ヤケ、内側端時代シミ 小口ヤケ 天時代シミ多

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

800円(税込)

●12月中の発送につきまして●
年末にむけて郵便局の休日窓口および集荷サービスがたいへん混雑するため、12月中は土日の発送業務を休止、平日のみ発送させていただきます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
売り切れました

海外文学評論・エッセイ

妖怪・幻獣・神話・民間伝承日本・東洋の神話・説話・民間伝承・妖怪




1980年 四六判 P232+索引P4 カバー背ヤケ、内側端時代シミ 小口ヤケ 天時代シミ多

“…本書において私は、魯迅が指摘したような中国人の伝統の中から、中国人の〈生死観〉というものに焦点をしぼり、いわゆる〈幽霊譚〉を手がかりにしてそれを考察し、併せて、そのような観念が文学作品としてどのように語られ、そして読まれてきたかということを、個々の作品を例として挙げながら、中国文学史上の問題として論じてみたい。”(本書巻頭「はじめに」より)

目次:
はじめに
序 「怪力乱神を語らず」

【I 魂】
陰魄と陽魂
離魂
鎮魂と招魂

【II 冥界】
泰山の冥府
冥界と地獄

【III 幽明の交通】
再生
相思樹・連理枝

【IV 冥婚】
幽霊の習性
幽霊の嫌うもの
幽霊の知覚
怨念と嫉妬

【V 知識人と民衆
志怪流行の背景
無鬼論・無神論
民衆の中の鬼神
民衆の中の怪談

【VI 文学としての怪異譚】
記録から文学へ
『聊斎志異』の世界
正統的志怪への回帰
終 『妖怪変化を恐れぬ話』

あとがき
索引
販売価格

800円(税込)

●12月中の発送につきまして●
年末にむけて郵便局の休日窓口および集荷サービスがたいへん混雑するため、12月中は土日の発送業務を休止、平日のみ発送させていただきます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
売り切れました

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Members

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM