追悼私記 完全版 吉本隆明 講談社文芸文庫

2019年 文庫判 P361 帯端僅破れ、袖少折れ跡 カバー端ごく僅イタミ、袖僅折れ跡

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

1,000円(税込)

●出張のお知らせ●
6月22日(終日)、23日(午前中)は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、22日夜または23日午後以降にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
売り切れました

国内文学評論・エッセイ

文庫、新書、選書講談社文芸文庫




2019年 文庫判 P361 帯端僅破れ、袖少折れ跡 カバー端ごく僅イタミ、袖僅折れ跡

“死者はみな平等”(帯文)

“追悼されているのは肉親、恩師、旧友、先達、論敵、文学上の友人、時代を象徴する著名人など多種多様、書かれ発表された経緯もさまざまな五十一篇。
ひとの死を契機にして書かれた掌篇の人間論という共通項を持つこれらの文章は、死者は平等との思いと自他の鎮魂を基底とする文言とに支えられている。
単行本未収録含め重要なエッセイを増補した新編集版。”(カバー裏紹介文)

目次:
梶木剛 梶木剛 追悼
小川国夫 小川国夫さんを悼む
清岡卓行 清岡卓行を悼む
清岡卓行 詩人清岡卓行について
大塚睦 清冽な色彩と繊細な線に守られた前衛画家
川上春雄 川上春雄さんを悼む
川上春雄 川上春雄さんのこと
本多秋五 本多秋五さんの死
島成郎 「将たる器」の人
大原富枝 いちばん鮮やかにのこる姿を偲ぶ
大原富枝 碑文
江藤淳 江藤淳氏を悼む
江藤淳 最後の立ち姿のイメージ
奥野健男 あの頃二人は
埴谷雄高 悲哀を悲劇にまで高めた一徹さ
宮田勘吉 別れのことば
山口瞳 『現代評論」の頃
小林平和 「地を継ぐ」柔和な人
谷川雁 詩人的だった方法
吉行淳之介 追悼にならない追悼
中上健次 比類のない文学思想
井上光晴 井上光晴の声
今西錦司 ただ一度の出会い
小山俊一 純乎とした覚者の死
小川徹 天と地がすこし寂しく
菅谷規矩雄 弔辞
三浦つとむ 別れの言葉
三浦つとむ他 かがやかしい独学像
美空ひばり 偉大な哀しさ
手塚治虫 昭和の死を象徴する死
昭和天皇 最後の偉大な帝王
磯田光一|鮎川信夫 ひとの死、思想の死
鮎川信夫 別れの挨拶
島尾敏雄 戦争世代のおおきな砦
黒田喜夫 倫理が痩せ細らせた
ミシェル・フーコー 現存する世界最大の思想家が死んだ
橋川文三 告別のことば
小林秀雄 批評という自意識
小野清長
J・P・サルトル 「静かな絶望」のなかの死
対馬忠行 駆けぬけた悲劇
遠山啓 西日のあたる教場の記憶
平野謙 平野さんの神々
竹内好 反近代の思想
村上一郎 哀辞
三島由紀夫 重く暗いしこり
三島由紀夫 「檄」のあとさき
岩淵五郎 現存するもっとも優れた大衆が死んだ
岸上大作 『意志表示』
岸上大作 時代の風圧の証し
吉本政枝 姉の死

あとがき
増補版のためのあとがき
文庫版あとがき

著者に代わって読者へ(ハルノ宵子)
もう一つの追悼私記(高橋源一郎)
解題(松岡祥男)
販売価格

1,000円(税込)

●出張のお知らせ●
6月22日(終日)、23日(午前中)は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、22日夜または23日午後以降にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
売り切れました

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Members

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM