ユーケルの書 叢書言語の政治7 エドモン・ジャベス 訳:鈴木創士 書肆風の薔薇

ホーム

海外文学 小説・物語

海外文学

人文・社会科学 言語学・記号学・メディア論

1991年 A5判 P239 帯背少ヤケ カバー端少ヤケ、少イタミ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

2,000円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
9月27日(月)の14時以降は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌28日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。



1991年 A5判 P239 帯背少ヤケ カバー端少ヤケ、少イタミ

『問いの書』にはじまる7部作の第2作目。次の『書物への回帰』へと続く。
アフォリズムのような架空の引用とその注釈、書物や言葉をめぐる形而上学的思索あるいは対話といった詩的な散文の断片とともに、サラとユーケルという恋人の物語が紡がれてゆく。

“失われた大地、見出されし書物
この本は美しい。
「生」と「死」がお互いを見つめ合う、その透明な視線が美しい。
「生」と「死」が手を取り合って、意味の国境をまたいで散歩に出かけてしまう、その足どりが勇ましい。
この本は、評価を拒絶するかわりに全ての人に向かって開かれている。―中島らも”(帯文)

“流謫の民として無数の災厄を呼び寄せずにはおかないユダヤ人たることを巡る無数の問いを、架空のラビによる贋の注釈と引用という遅延を通しつつ、一組の恋人たちの愛と絶望と狂気の物語へと昇華させる本書は、ブランショ、レヴィナス、デリダらの称賛を浴びた類例のないテクスト『問いの書』シリーズ全七部作の第二部にあたる。
ユダヤ人として迫害の怒号、追放の辛酸、砂漠での流謫と数多の生の煉獄をくぐり抜けねばならなかった著者による ユダヤ人であることの、またユダヤ人でないことの不可能性を巡る砂漠の思考は、〈自己〉を、そして〈他者〉を問う者に大きな衝撃をもたらすであろう。”(帯文)

目次:
献辞
序言

【第一部】
白い空間
善の分け前
種子のなかと徴しのなかのサラとユーケルの肖像
鏡とハンカチ
叫びのなかのサラとユーケルの肖像
閉じられた眼の声
石と砂の対話

【第二部】
書物との絆
書く習慣
決して私はあなたの顔を描かなかった
冷えたランプ
ユーケル・セラフィの参加によって学者たちとたまさかの客たちのあいだで交された対話

【第三部】
ユーケルの日記
サラの日記I
サラの日記II
時間の外の恋人たちの対話
サラの日記III

【第四部】
非-場所の守護神I
非-場所の守護神II
ヴェールと処女
降ろされた神のまぶた
死の反逆
世俗の言葉
過去と過去の対話
渡し守と川沿いの住人の対話
秩序と揺れ

【第五部】

ガブリエルへの手紙
海の手


訳者あとがき

販売価格

2,000円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
9月27日(月)の14時以降は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌28日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM