自伝 土と炎の迷路 加藤唐九郎 講談社文芸文庫

ホーム

国内文学 評論・エッセイ

美術・建築・デザイン 工芸・民芸・商業デザイン

文庫、新書、選書 講談社文芸文庫

1999年1刷 文庫判 P238 カバー端ヤケ 小口からページ端にかけてヤケ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

700円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
9月27日(月)の14時以降は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌28日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。



1999年1刷 文庫判 P238 カバー端ヤケ 小口からページ端にかけてヤケ

“由緒ある釜大将の家に生まれ、形骸化したものを嫌悪し、生来の勁い信念と情熱て毀誉褒貶の世を進む。
茶道美術界の重鎮・益田鈍翁や小野賢一郎、富本憲吉、北大路魯山人、両親、祖母、恩師たち。多彩な人々との出会いと別れ。
桃山古陶の再現、黄瀬戸事件、永仁の壺事件、日ソ工芸展、「氷柱」誕生、『陶器大辞典』編纂。一ム才の号のいわれ。
陶芸の巨人が綴るその究極の創造人生の自伝。”(カバー裏紹介文)

目次:
生い立ち
 {出生―祖母たき―小学生の頃―中根聞天先生}

青春の彷徨
 {独立―キリス卜教社会主義―窯業試験場―結婚―徴兵検查―三共商事―桃山古陶の研究―音楽と文学}

個人作家をめぎす
 {春岱の秘伝書―藤井達吉との出逢い―古窯調査―成瀬先生との再会―祖母の死}

伝統に徹する
 {祖母懷窯―「氷柱」と鈍翁―瀬戸釜所―塚原芥山―『資本論』を読む―窯下窯発掘―黄鷂融件}

『陶器大辞典』編纂
 {陶芸カード―『陶器大辞典』編集―小野賢一郎と宝雲舎―翠松園への移転}

永仁瓶子焼成・中国旅行
 {『をはりの花』の著者の後裔―謎の僧「佐々木祐俊」―「永仁の壺」誕生―中国へ―戦線を行く―宣撫資料調查と窯場めぐり―中国古窯趾発掘}

戦中戦後
 {初の個展・松永耳庵との出逢い―古志戸窯―重なる肉親の死―高橋誠一郎氏と「芸術陶磁器認定委員会」―新日本茶道研究会―その後の「永仁の壺」―ピカソの陶器}

文化芸術使節団・日ソ工芸展
 {文化芸術使節団―日ソ工芸展}

やきもの三味
 {「一ム斎」―やきもの三味}

解説(森孝一)
年譜(森孝一)
著書目録(森孝一)

販売価格

700円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
9月27日(月)の14時以降は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌28日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM