澁澤龍彦の時空 巌谷國士 河出書房新社

ホーム

国内文学 評論・エッセイ

幻想・綺想・怪奇・シュルレアリスム・前衛・・・ 澁澤龍彦

1998年 ページ部分14.8×19.6 P287+著作索引P3 帯・カバー僅スレ、僅汚れ 表紙僅反り

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

1,200円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
9月27日(月)の14時以降は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌28日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。



1998年 ページ部分14.8×19.6 P287+著作索引P3 帯・カバー僅スレ、僅汚れ 表紙僅反り

“未知なる「私」をもとめて
ノスタルジアとエクゾティシズムの交点にひらかれた未聞の世界を綿密に読み解いた決定版澁澤龍彦論。”(帯文)

“……Iの部には家、博物館、美術館という三種の空間をめぐるエッセーをおさめた。IIの部には作品空間の時間的変化を追っているタイプのエッセーを、またIIIの部には回想記ふうの外観をもつエッセーを集めてある。
いずれにしても、特徴ある空間のイメージにたえず左右されていたこの作家の生涯を、あるいは時間とともに絶えず進化していったこの人物の作品を、できるかぎり多くの資料と見聞にもとづいて、いわば「時空の旅」でもするように読み解いてゆこうとしたものである。 ―本書「あとがき」より”(帯裏紹介文)

目次:
【I】
家について
 {高輪に生まれる/川越の四年間/血洗島の大きな屋敷/滝野川の少年時代/鎌倉と「城」のはじまり/北鎌倉―最後の家}
博物館について
 澁澤龍彥の博物誌的生涯
 個別展示室 {石/貝/魚/虫/花/鳥/動物/怪物/天使/ウェヌス/自動人形/時計/玩物/鏡/夕口ッコ/紋章/庭園/終末図/地獄/宇宙}
美術館について
 澁澤龍彦空想美術館案内
 三十人の画家―美術 エッセーから {イタリア・ルネサンス/北方ルネサンスからマニ工リスムまで/十七世紀/十八世/十九世紀/二十世紀}

【II】
空間と時間
「澁澤龍彦」が誕生するまで
シュルレアリスムとの出会い 卒業論文を読む
はじめての訳書 コクトー「大跨びらき」
トロツキーと澁澤龍彦 『わが生涯』の周辺
庭園について 『夢の宇宙誌』から『ヨーロッパの乳房』へ
エッセー集の変遷
 {『幻想の画廊から』/『黄金時代』/『胡桃の中の世界』/『記憶の遠近法』/『太陽王と月の王』/ 『マルジナリア』}
アンソロジーとしての自我
 {『私のプリニウス』と「私」/コラージュの発見と展開/物語の方法―『ねむり姫』ほか/アンソロジー的自我/翻訳から創作へ/『フローラ逍遙』と最後の「航海」}

【III】
没後七年
澁澤龍彦の書斎
城について
四冊のノート 『滞欧日記』の発見
マッジョーレ湖
相撲
『裸婦の中の裸婦』
玉ねぎのなかの空虚 作品と生涯

あとがき
初出一覧
著作素引

販売価格

1,200円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
9月27日(月)の14時以降は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌28日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM