死の舞踏 ヨーロッパ民衆文化の華 水之江有一 丸善ブックス

ホーム

美術・建築・デザイン 評論・美術史・図像学ほか

人文・社会科学 思想・哲学・社会学

人文・社会科学 宗教・民間信仰

人文・社会科学 歴史 世界史

平成7年 四六判 ソフトカバー P242 カバー端僅イタミ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

700円(税込)

売り切れました



平成7年 四六判 ソフトカバー P242 カバー端僅イタミ

“「死の舞踏」は、東方あるいはエジプトに起源をもち、ヨーロッパ中世における民衆文化として華開いたもので「死者たちが真夜中に墓場から現われ、墓地で舞踏をくり広げたあと、生きている者の中から新たな犠牲者を要求する」という観念にもとづき、やがて「死」が様式化して描かれるようになったものである。本書では、この観念と様式の変遷を歴史的に辿るとともに、有名なホルバインや、ダグレイの作品を中心に、図像化された「死」の姿を紹介する。”(カバー袖紹介文)

目次:
I 歴史的背景
 1 15-16世紀北方ヨーロッパ {活版印刷術/ペストの流行}
 2 人間の一生 {人間の四季/黄金時代から鉄の時代へ}
 3 ギリシア・ローマ神話 {「死の神」タナトスと「眠りの神」 ヒュプノス/カロン/シーシュポス/ケルベロスの捕獲/アルケースティス}
 4 キリスト教 {「イエス、庭での苦悶」/イエスの再臨と裁きの日/死の術(アルス・モリエンディ)}
 5 民間信仰「死を忘れるな」 {死の神/ペトラルカの「勝利」/骸骨の舞/「メメント・モリ」/道徳劇}
 6 「マカブレ」 {ジョン・リドゲイト/写本と活字本/「死の舞踏」}
 7 壁画 {「ダンス・マカーブル」/パリ聖幼児教会/ロンドン聖ポール寺院}
 8 ギヨ・マルシャン {1485年版/「ダンス・マカーブル女性版」}
 9 ボドウィン・ド・コンデの作品(13世紀) {「三人の死者と三人の生者の伝説」/隠者の登場/1641年トロワ版/「死」 の形象}
 10 ハンス・ホルバインの登場 {社会諷刺/ホラーやダグレイ―イギリス版}

II 『ダンスマカーブル』(1425年、1427年、1485年、1486年)

III ハンス・ホルバイン作『死の舞踏」(1538年、1545年、1562年)
 {『死の舞踏」/「死の小舞踏」 または 「死のアルファベット」}

IV リチャード・ダグレイ作『死の所業』(1822年、1827年)

付録
 1 「死と狩猟家たち」(オーストリア、1482年)
 2 「死と芸術家たち」(チューリッヒ、1650年)
 3 「3月革命のバリケードに立つ死」アルフレッド・レテル(フランス、1848年)
 4 「泥酔家」(エドワード・フィッツジェラルド作『オマル・ハイヤームのルバイヤート』挿絵、1859年)

参考文献
図版一覧
あとがき

販売価格

700円(税込)

売り切れました

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM