20世紀の芸術と生きる ペギー・グッゲンハイム自伝 訳:岩本巌 みすず書房

カテゴリー : ホーム 美術・建築・デザイン 評論・美術史・図像学ほか

カテゴリー : ホーム 幻想・綺想・怪奇・シュルレアリスム・前衛・・・ ダダ・シュルレアリスム

カテゴリー : ホーム 幻想・綺想・怪奇・シュルレアリスム・前衛・・・ その他海外幻想文学・芸術・評論


1994年初版 A5判 P449 帯背少ヤケ 天僅汚れ

“現代芸術のミューズをめぐる綺羅星のごとき芸術家たち、ベケット、エルンスト、デュシャン、ポロック、ダリ……。彼らとの愛の遍歴も含め、いまや伝説となった女性の華麗な生。”(帯文)

“ペギー・グッゲンハイムは、ニューヨークのグッゲンハイム美術館にその名をのこす富裕な一族に生まれた。若き日に大戦前のヨーロッパに渡り、前衛芸術家たちの世界にとびこみ、フィッツジェラルトの小説の主人公のように生きた。やがて彼女は、その感覚と知性と富をもって、マルセル・デュシャン、ハーバート・リード、アンドレ・ブルトンに導かれ、キュビスム、シュールレアリスム、ダダの作品の粋を収集し、著名なコレクター、そして今世紀最大のパトロネスとなるのである。いまもそのコレクションは、彼女が晩年を過ごしたヴェネツィアの屋敷(グッゲンハイム美術館の分館)で見ることができる。
 この自伝は、原著に「美術中毒者の告白」と題されるように、自らを道化と化するほどに、あけすけな語り口で、彼女をめぐる綺羅星のごとき前衛芸術家たちの姿を、彼らとの愛と情事の数々をも含めて語っている。サミュエル・ベケット、マックス・エルンスト、タンギー、ポロック、ブランクーシ、ダリ……。その名を挙げれば、枚挙に暇がないが、これほどゴージャスな美術品、食べ物、ワイン、そして愛する男たちに囲まれて生きた女性は、今世紀に他に見出すことは難しいであろう。いまや一つの伝説となった〈現代美術のミューズ〉の赤裸々な告白録。”(カバー裏紹介文)

目次:
はしがき(ゴア・ヴィダル)
まえがき(アルフレッド・H・バー二世)
1 金縁の幼年時代/2 処女の頃/3 結婚/4 ローレンス・ヴェイルとの訣別/5 ジョン・ホームズとの生活/6 ヘイフォード・ホール/7 ジョン・ホームズの死/8 ガーマンとの生活/9 ユートリー・コテッジ/10 共産主義/11 グッゲンハイム・ジャンヌ/12 第二次大戦中のこと/13 マックス・エルンストとの生活/14 マックス・エルンストとの訣別/15 穏やかな生活/16 アパートでの生活/17 〈今世紀の美術〉館/幕間/18 ヴェネツィアとヴィエンナーレ/19 ヴェニエール・ディ・レオーニ宮/20 セイロン、インド、そしてふたたびヴェネツィアへ/21 ニューヨーク再訪/終章/ヴェネツィア
訳者あとがき

販売価格

2,500円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM