アジア民俗写真叢書3 童乩 タンキー 台湾のシャーマニズム 写真・文:加藤敬 平河出版社

カテゴリー : ホーム 美術・建築・デザイン 絵画・写真・オブジェほか

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 宗教・民間信仰

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 民俗学・文化人類学・考古学 その他



1990年 B5判 P135 カバー少スレ ページ少開きグセ

“額を打つ七星剣、舌を切り裂く月眉斧、背中を打つ鯊魚剣、腹に食い込む刺球、血で真っ赤になった舌、したたり落ちる血、シャッターを押し続ける間、額を叩き続ける八家将。またタンキーが演舞(操演)する時の持ち物には、五法神器と五営将師(将兵)の令旗がある。
〈略〉
台湾の民俗医生には宗教的な道士、扶乩、紅姨、算命師があり、非宗教的には草薬入、接骨師、針灸人、産婆などがあるが、なかでも童乩が一番人気があり、全国に七、八千人、いやそれ以上いるらしい。風格満ちあふれるシャーマンだ。”(カバー紹介文)

台南地方に多い烏頭道士の凶事儀礼、登刀梯。神と人との媒介者である童乩、紅姨、済公活仏などに加え、法師、輦轎・手輦轎などを操る民衆道教の専従者たちを取材。

目次:
1 八家将 童乩予備軍の奇行・蛮行
2 タンキー 風格のある台湾シャーマン
3 進香団 誕生祭には神々の大移動
4 台湾道士 登刀梯と烏頭道士の凶事儀礼
〈台湾取材地図〉
道教(張源先)
写真家のフィールド・ノート 悪鬼を退け、駆邪避凶のシャーマン(加藤敬)

あとがき

販売価格

1,700円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM