レーニンの言語 ヴィクトル・シクロフスキイ、ボリス・エイヘンバウム、レフ・ヤクビンスキイほか 訳:桑野隆 水声社

ホーム

人文・社会科学 言語学・記号学・メディア論

2005年 A5判 P233 カバー僅イタミ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

2,300円(税込)

購入数



2005年 A5判 P233 カバー僅イタミ

叢書記号学的実践

“クリシェ、スローガン、悪罵、諂い……こうしたもののトメドのない繰り返し。今日の日本の政治の腐敗と堕落はその《言語》に典型的に現われている。
しかし、あらゆる時代の、あらゆる文化の政治的言語がかくも凡庸であったわけではない。たとえば、二十世紀最大の革命家のひとり、レーニン―
《レーニンは作家や演説家としてではなく、実務家としてしか言語を考えていないように思われる。しかしながら、彼は、他者の文体にきわめてはっきりとした反応を示し、反対者や敵との論争の際にしばしば彼らのことばの文体論的特徴に注意を払っている。レーニンにとって各党派は、一定の世界観であるばかりではなく、一定の文体の体系でもあった。ときには、「美辞麗句」のなかに知的衰弱と道徳的空疎さを見出して、それを烈しく暴いてゆく。》(エイヘンバウム)
レーニンの演説のなかに「詩情」や「修辞学」を求めてもむだである。彼は構成の優美さに気づかっていないし、詩に関する教養や博学ぶりをひけらかしもしない。彼は、仰タしさや気どり、詩を思わせる美しさや文体上の装飾にうんざりしている。彼は「美辞麗句」を憎み、「雄弁」を軽蔑しており、原則やスローガンにたいしてすらも、神聖な教条としてではなく行動のための補助的で功利的な公式として接している。レーニンの演説は、その言葉の成分において、つねに直接的で飾りけがなく、平凡で無頓着にすら見える。それは、技術用語と精密な定義・認定からなる科学の言語、言葉を生彩に富むものにする比喩的表現や地口をまったく欠いた純粋きわまりない散文の言語のように見える。だが、じつはそうではない……》(カザンスキイ)
二十世紀の言語学革命を主導したロシアのフォルマリストたちが、レーニンの政治的ディスクールの言語学的、修辞学的、記号論的な分析に総力をあげて取り組んだ『レフ』誌のレーニン特集号の全訳。
《革命》と《一言語)に関心をよせるすべての人々の必読書。”(カバー裏紹介文)

目次:
規範の否定者としてのレーニン(ヴィクトル・シクロフスキイ)
レーニンの演説における文体の基本的傾向(ボリス・エイヘンバウム)
レーニンにおける高尚な文体の格下げについて(レフ・ヤクビンスキイ)
論客レーニンの語彙(ユーリイ・トゥイニャーノフ)
レーニンの演説 修辞学的分析の試み(ボリス・カザンスキイ)
テーゼの構成(ボリス・トマシェフスキイ)

著者紹介
訳者あとがき

販売価格

2,300円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM