顔の文化誌 村澤博人 講談社学術文庫

ホーム

美術・建築・デザイン 評論・美術史・図像学ほか

人文・社会科学 言語学・記号学・メディア論

人文・社会科学 歴史 日本史

文庫、新書、選書 講談社学術文庫

2007年2刷 P285 カバー端僅イタミ 地少汚れ 扉ページ上角少折れ跡

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

800円(税込)

購入数


2007年2刷 P285 カバー端僅イタミ 地少汚れ 扉ページ上角少折れ跡

“顔に対する美意識は、その時代の社会や文化によって規定されてきた。顔の歴史は社会・文化の歴史である。どのような顔が美とされ、なぜそれが選ばれたのか。感情を面に表さない「顔隠しの文化」、横顔よりも正面顔や背面の美を意識する「正面顔文化」はどのように生まれたのか。文献を丹念に考証し、実験も交えながら、顔を通して日本文化の新しい見方を提示する画期的論考。”(カバー裏紹介文)

目次:
はじめに
第一章 古代から中世の顔
 {眉の美意識の誕生/紅と白粉のはじまり/額の化粧/装身具の発達と消失/平安時代の顔とは/白粉の再現実験/白い肌と階級/中高美の発生/眉を抜き、描く/お歯黒の登場/古典文学にみる美人観/絵画にみる顔の美/醜なるものの表現/眉化粧の意味/なぜ垂髪が選ばれたか}
第二章 日本的顔の美の成立
 {口紅の発達と笹色紅/江戸時代の眉化粧と顔型/一本眉の意味/生え際の美の発生/白い肌はますます価値大に/目の化粧/中高の美と横顔/襟の足/お歯黒文化の完成/化粧本から美を探る/女大学/浮世絵の美人像/西鶴の美人観/韓国との比較/顔つくりへの批判と顔隠し/外国人が見た化粧風俗}
第三章 近代の顔へ
 {顔の明治維新/明治以降の美意識の変遷/化粧書にみる美意識/顔の近代化/戦争と化粧}
第四章 戦後の顔と化粧
 一 欧米志向 {アメリカンスタイルの登場}
 二 マスメディアの影響 {映画の力/アイメイクの登場/カリプソ・メイクの流行}
 三 大衆化の始まり {アイメイクの普及/ピンクからオークル、ナチュラルへ/修整メイクアップ/口紅―色から質感へ/身体の数値化による美}
 四 個性化の兆し {日本人らしさの追求/自分らしさの追求/アイメイク―線から面へ/ナチュラルメイクアップの確立}
第五章 現代の美意識
 一 外見のボーダーレス時代 {男女の壁の崩壊/男も化粧する時代に/しょうゆ顔・ソース顔の流行/「黒」一辺倒の時代の終焉/肌色という色名}
 二 「かわいい」が基準の時代 {顔を出さないかわいらしさを選ぶ少年少女たち/八重歯はかわいい?/小顔ブーム/根強いかわいらしさ志向と多様化}
第六章 日本人の顔文化論
 一 伝統的「顔隠し」の文化 {留学生のレポート/顔隠しの文化/顔でのコミュニケーション/日本人にとっての表情/清潔志向/毛深さの排除/ホクロの美学/存在感のないからだ文化}
 二 正面顔文化と横顔文化 {「横顔」という言葉/欧米におけるプロフィール文化/東アジアにおける顔の文化の相違/平面的で単一性の文化から/横顔文化との比較}

原本あとがき
学術文庫版あとがき
主要参考文献

販売価格

800円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM