うつぼ舟1 翁と河勝 梅原猛 角川学芸出版

ホーム

国内文学 古典文学(近世以前)

美術・建築・デザイン 演劇・舞踏・映像芸術

人文・社会科学 宗教・民間信仰

人文・社会科学 歴史 日本史

人文・社会科学 民俗学・文化人類学・考古学 その他

平成20年初版 四六判 P239 帯およびカバーシミ汚れ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

0円(税込)

売り切れました


平成20年初版 四六判 P239 帯およびカバーシミ汚れ多


“翁、摩多羅神、ディオニソス。
中世の神々が降りて来た。その容《すがた》、滑稽で、恐しく、妖しい。
梅原猛の中世―
歴史・文学・宗教から読み解く画期的能芸論”(帯文)

“梅原猛に“もの”が取り憑いた。八十三歳。能の創始者・秦河勝は、流されて、大荒大明神という、怨霊となった。その齢、八十三。
梅原猛の初めての能芸論は、秦河勝の悲劇に始まる。
「“もの”が憑かねば“もの”は、書けぬ」―梅原猛自身が怨霊と化して、この「物語」は書かれた。”(帯裏紹介文)

目次:
第一章 大荒大明神になった秦河勝
 {河勝誕生譚―「化人跡を留めぬ」/世阿弥のうつぼ舟―能楽の源流へ/赤穂・坂越・大避神社―うつぼ舟の漂着地・生島/船渡御―ひとつもの・歌船/河勝の孫・東儀氏―先祖供養}
第二章 広隆寺と牛祭と秦氏
 {大避神社「船渡御」・広隆寺「牛祭」―十二日という“日“/蜂岡寺から広隆寺へ―秦河勝の里・葛野/二体の弥勒―宝髻弥勒の秘密/奇祭・牛祭―祭文の奇妙/「天照」の謎―若王子の「天照神力」/摩多羅神と二童子―芸能の神と牛祭り/半跏像と半島の神―「天照」の御正体/秦氏と平安京―薬師信仰とキリスト教}
第三章 川勝一族の里・田原本
 {秦薬寺・川勝の寺―長男・川次の誕生寺/補巌寺・観音信仰の寺―至翁禅門・寿椿禅尼}
第四章 三人翁・奈良豆比古神社
 {日本中世が降りて来た―室町憑依/文献とフィールド―吉川幸次郎と梅棹忠夫/大和の金春―金春欣三氏/おそろし殿―しゅく神を祀る/奈良豆比古神社へ―病平癒の神舞・翁舞}
第五章 呪術としての翁舞
 {三十三身から六十六番―翁舞の誕生/黒男の呪力―業病平癒}
第六章 黒い翁の呪力
 {翁舞を見る―「あげまきやとんどや」/黒い翁の正体―奈良豆比古神社の「黒男」}
第七章 ディオニソスの熱狂
 {翁舞と『悲劇の誕生』―ディオニソスとアポロン/三番叟の異形―コブ持つ黒い翁/宿神―坂・境という“呪場”/林羅山「二荒山神伝」―摩多羅神は神か仏か}
第八章 摩多羅神と芸能
 {師と弟子の秘儀―即身成仏の修法/多武峰の翁―摩多羅神面/太陽信仰―ハスの道}
引用参考文献一覧

販売価格

0円(税込)

売り切れました

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM