詩集 野の娘 中川一政 講談社文芸文庫

1994年初版 帯付 カバー上端僅イタミ 小口からページ端にかけてヤケ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

1,800円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
6月22日(終日)、23日(午前中)は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、22日夜または23日午後以降にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

国内文学詩・短歌・俳句ほか

文庫、新書、選書

文庫、新書、選書講談社文芸文庫



1994年初版 帯付 カバー上端僅イタミ 小口からページ端にかけてヤケ

“大正十年、有島武郎の推薦により刊行された第一詩集『見なれざる人』。改版、再改版を経て、「昔の友」「自負」「黙っている蝉」など七篇を加え再編解題した第二詩集『野の娘』。二詩集の重複と『見なれざる人』所収の短歌三篇を除き、全詩業を収録。簡素・高潔・強靱、深い感情に支えられた品位と雅趣を湛える中川一政の初期詩作六十一篇。”(カバー裏紹介文)

目次:
【見なれざる人】
 序/改版序
 椎の樹/春光/幼児/家郷の弟妹に/犬の晩餐/曇り日/葉笛/三郎といふびつこの犬とぼく/煙草/野の娘/遠き弟に/まづしき母子/父の出発/家を守る兄の歌/となりに住んでゐる貧しき友に/所信/病める妹/見る事/わが母/自愛せよ/毛布/ある夜/ひるすぎ/守る時/貧しき母/もでる/ゴッホ兄弟/友達/宣教師との話/ぼくのうち/父/守備兵/希望/見なれざる人/雲雀が岡附近/われは鳥に告げる/聖フランシスの家族/静物/岡の話/母/嫁ぎゆく彼女に与ふ/自分と世間/偉大なる人/もしも我に/偶感/或時の詩/母/妹は/ポプラ/冬のはじめ/朝早く/親/幼児/アネモネ

【野の娘 抄】
 自序
 仕事してゐて/静物/チューリップを描く/昔の友/自負/彼はしづかに/黙つている蝉

人と作品(紅野敏郎)
年譜(山田幸男)
著書目録
販売価格

1,800円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
6月22日(終日)、23日(午前中)は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、22日夜または23日午後以降にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Members

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM