江戸絵画と文学 〈描写〉と〈ことば〉の江戸文化史 今橋理子 東京大学出版局

1999年初版 A5判 P339+索引ほかP21 帯背および下端ヤケ大 カバー背ヤケ大、上部イタミ、上角1センチ程度の破れ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

0円(税込)

売り切れました

美術・建築・デザイン評論・美術史・図像学ほか

人文・社会科学歴史日本史

江戸の文化・風俗



1999年初版 A5判 P339+索引ほかP21 帯背および下端ヤケ大 カバー背ヤケ大、上部イタミ、上角1センチ程度の破れ

“美術史と文化論の彼方へ
酒井抱一「観音図」、江戸中期の京都に現れた「桜画」、松平定信の幻の大名庭園「浴恩園」、北斎「西瓜図」等をテーマに、江戸人たちの〈言説〉と〈表象〉を、鮮やかに解き明かす。気鋭研究者の最新作!”(帯文)

目次:
はじめに―絵画と文学の出会う場所

第一章 追善の形象―江戸琳派の草花と〈文学〉
 一 荘厳の夏草―酒井抱一筆「観音図」と瓶花
 二 醸しだす意味
 三 創出された象徴

第二章 花惜しむ人―桜狂の譜・三熊派
 一 〈三熊派〉と桜画研究
 二 三熊思孝と桜画の背景 {一 飛騨山中の桜/二 『近世畸人伝』と花の逸話/三 「西行」的死と「桜」への転生}
 三 和歌的世界の呪縛と博物学
 四 幻の〈桜宮〉―広瀬花隠 {一 〈左近桜〉の栄誉/普賢象の夢/三 幻の桜宮}

第三章 「養生」の庭―大名庭園の〈画〉と〈紀行〉
 一 誘いの眺望―松平定信・浴恩園
 二 引退からの人生 {権威と辞職/定信の五つの造園}
 三 浴恩園をめぐる芸術作品 {命名の由来/浴恩園の絵画と文学/星野文良筆「浴恩園真景図巻」}
 四 旅する庭―庭園画と名園紀行
  {一 大名庭園とは(駒込の山里―柳沢吉保・六義園/江戸のガーデン・パーティー)/二 「真景」から庭園画へ(庭の絵師・谷文晁/「真景」の新解釈―「新しい名所絵」の成立/描写の庭―風景画と絵地図の境界)/三 「庭園紀行」という文学(旅する心地―「赤坂御庭画帖」と『紀之柴折』/「紀行文学」の領分)}
 五 「楽」の園―養生の思想と庭園
  {桃源郷の博物学/庭を生きる―「楽翁」定信と養生/浴恩園炎上}

第四章 北斎花鳥画のフォークロア―葛飾北斎筆「西瓜図」と七夕
 一 北斎筆「西瓜図」
 二 祭事と伝説
  {一 〈乞巧奠〉から〈七夕〉へ/二 「星合」の図像―「七夕図」という絵画}
 三 伝説の記号

あとがき―絵を聴くということ
初出一覧
参考文献
掲載図版一覧
人名索引
作品・事項索引
販売価格

0円(税込)

売り切れました

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM