昔話の本質 マックス・リューティ 訳:野村宏 ちくま学芸文庫

1994年 文庫判 P269 カバースレ、少ヤケ、少汚れ、端僅イタミ 天少汚れ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

1,000円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
6月13日(木)の日中は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夕方以降にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

海外文学評論・エッセイ

児童書児童画集、児童文学論

妖怪・幻獣・神話・民間伝承西洋・その他の神話・民間伝承・怪物

文庫、新書、選書ちくま文庫・ちくま学芸文庫




1994年 文庫判 P269 カバースレ、少ヤケ、少汚れ、端僅イタミ 天少汚れ

“グリム童話など昔話の文体の特徴を文芸学の視点から解き明かし、その人気の秘密に迫る。”(宣伝文)

“グリム童話は残酷だから、子どもに聞かせないほうがよい、といわれる一方で、何といっても子どもにいちばん人気があるのがグリム童話である、という事実があります。この矛盾をどう解決したらよいのでしょうか。リューティは、グリム童話をはじめとする昔話の文体が、ことごとく現実の重みを失う方向に作用することで、残酷さを回避していると指摘 しています。どんな残酷な場面でも、一滴の血も流れません。昔話の文体がそれを許さないからです。
リューティの文芸学的昔話研究は、昔話が子どもの心に与える影響について明快に答えるとともに、昔話を文芸の一ジャンルとして確立しようとする試みでもありました。”(カバー裏紹介文)

目次:
日本語版のまえがき
まえがき
第一章 いばら姫 昔話の意味と外形
第二章 眠る七人の聖者 聖者伝―伝説―昔話
第三章 竜殺し 昔話の文体
第四章 地の雌牛 昔話の象徴的表現
第五章 生きている人形 伝説と昔話
第六章 動物物語 自然民族の物語
第七章 ラプンツェル 昔話は成熟の過程を描いたものである
第八章 謎かけ姫 策略、諧謔、才智
第九章 昔話の主人公 昔話の描く人間像
第十章 文学における奇蹟

参考文献
訳者あとがき
訳者解説 リューティの文体論
販売価格

1,000円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
6月13日(木)の日中は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夕方以降にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Members

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM