〈悪魔の海〉に挑む 世界のトライアングル アーディ-ケント・T・ジェフリイ 訳:竹内太郎 角川文庫

昭和54年再版 文庫判 P207 カバー少スレ、背ヤケ 小口からページ端にかけて少ヤケ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

500円(税込)

購入数

文化・風俗・サブカルチャー呪術・占術・オカルトサイエンスほか

文庫、新書、選書




昭和54年再版 文庫判 P207 カバー少スレ、背ヤケ 小口からページ端にかけて少ヤケ

“ “バミューダ海域 ”から奇跡の生還を果たした人々は何を語ったか? 本書はこうした人々の恐怖の体験談を集め、〈悪魔の海〉の新たな謎に照明をあてる。たとえば、バハマ諸島の海底にある〈青き洞窟〉。ダイバーや船すらも呑みこんでしまうというこの洞窟はいったいどこへつながっているのか?
あるいはまた、コロンブス以来、多くの船乗りが目撃した巨大な火の玉、ある時は燃える“車輪” のように海面を転げてゆくこの光の正体は? バミューダ上空でひんぱんに目撃されているUFOとの関連は?
そのほか数多くの怪奇現象、ショッキングな失踪事件例を収録する。”(カバー袖紹介文)

目次:
序文

1 挑戦者たち
2 夜の闇をしぶきをあげて奔るものたち
3 幽光と光輪を見た
4 UFOは三角海域上空を飛翔する
5 救助要請はUSOからか?
6 気象観測衛星を襲撃したのはなにものだ?
7 謎の“声”が聞こえた
8 雲塊あらわる
9 観光船失踪す
10 彼らは希薄な空気の層へ消えた
11 幽霊ジェット
12 船に乗っていたのはなにか?
13 “魔の海”は、女流飛行家を生贄に欲したのか?
14 独りで三角海域にいどんだ男たち
15 心霊術者たちは探求する
16 口を閉ざす人々
17 《サイクロプス》失踪・出現・失踪
18 三角海域はなおも暴威を振るい続けている
19 ブラック・ホールとその他の宇宙現象
20 鍵は人間の精神にあるのか?

エピローグ ただ一人生き残った人たち

解説(野村芳夫)
販売価格

500円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Members

はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM