フランス世紀末文学叢書6 フォーストロール博士言行録 アルフレッド・ジャリ 訳:相磯佳正 国書刊行会

1985年 四六判 P201 帯時代シミ、背少ヤケ 函少時代シミ 本体元パラ端少イタミ 月報付

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

4,000円(税込)

購入数

海外文学小説・物語

幻想・綺想・怪奇・シュルレアリスム・前衛・・・ダダ・シュルレアリスム

幻想・綺想・怪奇・シュルレアリスム・前衛・・・海外幻想文学・芸術・評論






1985年 四六判 P201 帯時代シミ、背少ヤケ 函少時代シミ 本体元パラ端少イタミ 月報付

“ジャリの新科学小説
フォーストロール博士は生まれながらに63才。犬面の大狒をつれて箱船に乗船、陸地のパリの島をへめぐる船旅に出る。科学と想像力を融合させた奇才による万華鏡的世界。”(帯文)

目次:
【第一巻 訴訟手続】
1 第八一九条に拠る支払命令/2 フォーストロール博士の習慣と挙措について/3 調書の送達/4 博士の併肩する書物について/5 即時競売のための令状送達/6 篩である博士の舟について/7 少数の選ばれたものたちについて

【第二巻 パタフィジックの原理】
8 定義/9 フォーストロールより小さいフォーストロール/10 《HA HA≫ しか人語を解さなかった大面の大ボス・ド・ナージュについて

【第三巻 海を渡ってパリからパリへ、あるいは、ベルギー人のロビンソン】
11 箱船への乗船について/12 糞満海と嗅覚灯台とそこでは何も飲まなかった糞島について/13 レースの国について/14 愛の森について/15 黒大理石の大階段について/16 無定形の島について/17 薫る島について/18 ジャンクである彷徨える城について/19 PTYXの島について/20 HERの島と一眼巨人とクリスタルの大白鳥について/21 シリルの島について/22 下種嘲弄国の大礼拝堂について/23 鐘鳴島について/24 神秘的なる闇について、また、死を待っていた王について

【第四巻 大乱痴気頭騒動】
25 地の潮汐と海の司祭マンソンジェについて/26 一献/27 初めに頭ありて/28 若干の人の死、とりわけボス・ド・ナージュの死について/29 HA HAなる言葉のさらに明白なる意味について

【第五巻 型どおりのお勤めとして】
30 多種多様のものについて/31 音楽的な噴出について/32 いかにしてカンバスを手に入れたか

【第六巻 ルクルス邸にて】
33 テルメスについて/34 クリナメン

【第七巻 クルモオクム】
35 巨船ムール=ド=ザンクルについて/36 線について

【第八巻 永霊】
37 定規・時計・音叉について/38 冷たい固体である太陽について/39 幾何学者イビクラートに拠って/40 パンタフィジックとカタシミー/41 神の表面について}

訳者後記

月報:ジャリについて(滝田文彦)/《世紀末の庭から》詩人の世紀末(賀陽亜希子)/世紀末画廊XII ジャリとフィリジェ(澁澤龍彦)
販売価格

4,000円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM