悪魔と裏切者 ルソーとヒューム 山崎正一、串田孫一 河出書房新社

1978年 四六判 P211 帯背ヤケ、少イタミ カバー僅イタミ 小口からページ端にかけて少ヤケ P100上端余白部分汚れ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

0円(税込)

●出張のお知らせ●
6月16日(日)の朝から昼過ぎにかけて店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夕方以降にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
売り切れました

人文・社会科学思想・哲学・社会学

人文・社会科学歴史世界史




1978年 四六判 P211 帯背ヤケ、少イタミ カバー僅イタミ 小口からページ端にかけて少ヤケ P100上端余白部分汚れ

“哲学の醜聞
熱い抱擁で始った二人の出会いは、一転、罵詈雑言、悪口の投げあいに…… 18世紀を代表するフランスとイギリスの思想家二人が惹き起こした大喧嘩の顛末!”(帯文)

“本書は、デイヴィド・ヒュームとジャン-ジャック・ルソーとの争いの次第を調査し叙述せるものである。争いといっても、論争ではなく、実は喧嘩であり感情の衝突である。18世紀西欧のイギリスの一思想家とフランスの一思想家との個人的私的な争いであり、哲学の醜聞である。哲学史外伝の、そのまた外伝ぐらいのところに位置せしめられて然るべきものである。……問題は、はたして、そうであるのか、そうでないのかである。
 読者は本書を御覧あって、哲学者どもの醜聞に、腹をかかえて御笑い下すってよいのだ。……私は、世にもうれしく悲しい思いでこの本を書いた。 山崎正一”(帯裏紹介文)

目次:
再版にあたって
はしがき

1 最初の鄭重なる書翰往復
2 パリの会合
3 ロンドン到着
4 嵐の前
 a ウーットン
 b リリプットの矢
 c 年金
5 宣戦布告
6 ルソーの言い分
7 永遠の袂別
8 『争論文書』の公表
9 弥次馬
10 健全さの悪
11 ルソー英国を去る96


後記
[解題]
販売価格

0円(税込)

●出張のお知らせ●
6月16日(日)の朝から昼過ぎにかけて店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夕方以降にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
売り切れました

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Members

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM