図録 藩絵師沖家にみる近世の狩野派 倉吉博物館

昭和56年 25.2×24.0 ノンブルなし 薄冊 表紙少ヤケ、僅汚れ 小口および巻頭・巻末ページ端時代シミ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

0円(税込)

売り切れました

美術・建築・デザイン評論・美術史・図像学ほか

美術・建築・デザイン絵画・写真・オブジェほか

展覧会図録



※クリックポストで発送する場合、サイズ制限(短辺25センチ以内)ギリギリですので、簡易包装となります。

昭和56年 25.2×24.0 ノンブルなし 薄冊 表紙少ヤケ、僅汚れ 小口および巻頭・巻末ページ端時代シミ

※こちらの商品は薄手の冊子です。ご了承のうえご注文ください。

昭和56年に倉吉博物館で開催された展覧会の図録。

“江戸初期から鳥取池田藩江戸詰絵師として仕えた沖家には、 六代探容 七代一峨という名手が現れました。 彼らは奥絵師鍛冶橋狩野の画所からアカデミックな技法を学びました。探容は師=探信守道のように和漢の古典から広く参酌、穏やかな画風を形成しました。一峨は狩野派の骨格を持ちながら、四条派・琳派・洋風画・浮世絵なども咀嚼し幅広い画域を示しました。
今回は探容・一峨を中心に八代九皐、一峨の門人=根本幽峨の作品を通し、江戸期後半における狩野派の画様の一端を鑑賞していただき、近世日本画の情趣を味わっていただくよう企画いたしました。また、今日の日本画と比較し、技法・画題などの変遷を知る一助にしていただければ幸いに存じます。…”(本書巻頭「あいさつ」より)

約30点をモノクロ図版で紹介。(ただし巻頭2ページ分(3点)のみカラー)

販売価格

0円(税込)

売り切れました

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM