女子美術大学と衣服教育 ―その歴史と現在― 編:女子美術大学

2018年 A5判 P398 帯付 概ね良好な状態

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

1,800円(税込)

購入数

美術・建築・デザイン工芸・民芸・商業デザイン

人文・社会科学思想・哲学・社会学



2018年 A5判 P398 帯付 概ね良好な状態

明治33年(1900)に創立された女子美術学校(女子美術大学の前身)の裁縫科から戦争を経て今日にいたるまでの、困難や発展、組織再編、新たな取り組みなど、同校における衣服教育の歴史を辿る。

“…明治33年、「自立した女性の育成」 をすでに発案した人が女性で、当然であろうが、男子にこの発想が生まれる筈も無く、21世紀の現代でもなお世界のあるゆる場所、地域で、女性の自立と尊厳は本当の意味で確保されているかは大きな疑問で。
〈略〉
女子美術学校の創立が現在に至るまでどれほど重要であったか、当然であったか、疑問は無い。
〈略〉
ことさらに女子教育という必要も無い。重要な事柄の前に、頻繁に女子・・・と付けられることに常に不安を感じている男子の一人が私であり、 そのことを闘うことに人生の大半を捧げてきたつもりである。
〈略〉
女子美の歴史は、あまりにも当然で、必要で、普通で、そのことを強調する気持ちすら私は持ち合わせていない。 山本 耀司”(帯文より)

目次:
まえがき(横山勝樹)

【第一部 女子教育の黎明期に 近代化がもたらしたもの】
一 私立女子美術学校の設立」
 {はじめに/1 教育の近代化/2 女子の高等教育機関に関する情況/3 私立女子美術学校の設立/4 女子美術学校設立の趣旨}
二 横井玉子と裁縫科
 {1 生い立ちと思想/2 研究発表/3 横井玉子の衣服教育の理念}
三 佐藤志津と裁縫科
 {1 生い立ちと思想/2 志津と社会貢献/3 志津と裁縫科/4 佐藤志津の衣服教育の理念}

【第二部 苦難を乗り越えて 女子が自立するために】
一 女子美術学校裁縫科 弓町での産声
 {1 女子自立の職業として/2 最善の指導者を集めて/3 毎日朝八時から六時間の授業}
二 赤沼八重・伊遷美祢・宮崎いゑ
 {1 復活の一員―赤沼八重/2 洋裁を支えた伊澤美祢/3 洋裁を受け継いだ宮崎いゑ}
三 薫る菊坂の賑わい
 {1 教員養成のはじまり/2 無試験検定資格/3 寄宿舎生活/4 遠足・修学旅行と授業風景/5 パナマ・パシフィック国際博覧会/6 絵画科廃止事件と裁縫科/7 メートル法による教科書/8 夏期講習/9 子供服を通しての洋裁研究/10 専門学校昇格と教員養成/11 菊坂から杉並へ}
四 杉並区和田本町 畑中の杉並
 {1 戦争の足音/2 戦時下の苫難 学校生活の記憶 ・学徒動員の頃(杉井あつみ) ・思い出深い授業(小板橋きん)}
五 戦後の大学昇格
 {1 混乱の中の明るさ/2 新制大学へ/3 服飾学科のスタート}

【第三部 短期大学として再出発 洋裁ブームを背景に】
一 女子美術大学短期大学部・服飾科
 {1 新生女子美への想い/2 語りつがれる歴史/3 服飾美術科に科名変更}
二 高田・桑沢・森クラス
 {1 高田クラス/2 桑沢クラス/3 森クラス/各クラスの思い出 ・高田力之先生の思い出(杉井あつみ) ・桑沢クラスの思い出、研究室を受け継いで(清水澄江) ・桑沢先生の助手を務めて(二神百合子) ・母・森妍子(森朝子)}
三 服飾科洋裁教室と造形科衣服美術教室
 {1 和裁教室の停止/2 茅ヶ崎校地をめぐって/3 学生自治の自立/4 学生支援体制と教育環境の充実/5 服飾科洋裁教室/6 造形科衣服美術教室 ・衣服デザイン研究と学生指導(壙棔法 Π疉から人体研究へ(長塩滋子)}

【第四部 美術大学の特色を活かして 伝統と再編と統合と】
 {1 短期大学改組/2 服飾科再編/3 造形科専攻分離/4 短期大学服飾科服飾デザインコース、造形科アパレルデザインコースから芸術学部ファッション造形学科へ/5 ファッション造形学科のスタート/6 女子美術大学大学院ファッション造形研究領域/7 更なる飛躍を日指して/8 新学科「アート・デザイン表現学科」―再び杉並キャンパスへ/9 新領域「ファッションテキスタイル表現領域」のコンセプト/10 特色あるプロジェクト/11 客員教授による特別授業・講演/12 研究室が行ったイベント・事業}

【資料編】女子美術大学略年譜ほか(小林里江)
編集後記(小倉文子)
あとがき(自校史編纂の歩み)
販売価格

1,800円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Members

はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM