芸術の幼年期  フロイト美学の一解釈 叢書言語の政治8 サラ・コフマン 訳:赤羽研二 水声社

ホーム

美術・建築・デザイン 評論・美術史・図像学ほか

人文・社会科学 思想・哲学・社会学

1994年 A5判 P280 カバー少ヤケ、少汚れ、裏キズ、端少イタミ 天少汚れ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

2,000円(税込)

●出張のお知らせ●
9月27日(月)の14時以降は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌28日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
売り切れました



1994年 A5判 P280 カバー少ヤケ、少汚れ、裏キズ、端少イタミ 天少汚れ

“精神分析が芸術を説明するのではない。芸術こそが精神分析的言説の成立に寄付するのだ。余技とみなされてきたフロイトの芸術論の斬新さと根源性を精密に読みとき、フランスにおけるフロイト再評価の先鞭をつけたデリダ派哲学者の代表作。”(宣伝文)

目次:
第一章 二重の読解
 精神分析の芸術への「応用」
 徴候=症状的な読解
 偉人であり英雄、父の代理でありその殺害者でもある芸術家
 伝記の幻想
 新たな偶像破壊者

第二章 芸術による魅惑 ―心的過程の認識モデルとしての芸術
 心的活動の理解モデルである芸術 『夢の解釈〔夢判断〕』
  {芸術作品と類型夢/芸術の手法と夢の過程}
 『グラディーヴァ』
  {詩人の内観的認識}

第三章 フロイトの読解方法 ―解読すべきテクストとしての芸術作品
 夢・芸術作品の範型
 症状 =徴候としてのテクスト
 記憶と幻想
 解釈と構築
 芸術作品と幻想
 生成と構造
 歪曲・反復・解釈

第四章 生の経済における芸術 ―メタ心理学的視点
 美的快感
 芸術と遊び
 同一化
 芸術のナルシンズム
 死の欲動の仕事
 《エロス》の仕業
 想像力・「自然保護区」
 神経症形成と文化的「創造」

第五章 芸術創造から生殖へ ―芸術の精神分析の諸限界
 芸術的「才能」
 精神分析の請限界
 昇華
 レオナルドにおける芸術と科学
 遊びとしての生

補遣 妄想と虚構 ―フロイトの『イェンゼンの《グラディーヴァ〉》における妄想と夢』について
 不可解な魅惑
 謎
 ポンペイの象徴体系
 作者の殺害
 分身
 作品・解読すべき症状=微候
 読者の妄想
 フロイトと形而上学

原注
訳注
書誌
訳者あとがき

販売価格

2,000円(税込)

●出張のお知らせ●
9月27日(月)の14時以降は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌28日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
売り切れました

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM