アルゴールの城にて ジュリアン・グラック 訳:安藤元雄 白水uブックス

1989年 新書判 ソフトカバー P208 カバー背から端にかけてヤケ P25、93僅折れ跡

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

600円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
11月26日(終日)、28日(午前中)、29日(午後〜)は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

海外文学小説・物語

幻想・綺想・怪奇・シュルレアリスム・前衛・・・ダダ・シュルレアリスム

幻想・綺想・怪奇・シュルレアリスム・前衛・・・海外幻想文学・芸術・評論

文庫、新書、選書




1989年 新書判 ソフトカバー P208 カバー背から端にかけてヤケ P25、93僅折れ跡

シリーズ「小説のシュルレアリスム」

“…たとえばここに新しく訳出した彼の処女作『アルゴールの城にて』の場合、彼自身がその「はしがき」の中で、この物語をワーグナーの神聖祝祭劇『パルシファル』の、一種の再話と見られてもさしつかえないと明記している。周知のように『パルシファル』は、ヨーロッパの森の中に古くから伝わる、おそらくはケルト系とゲルマン系の二つの原始的神秘主義にキリスト教神秘主義を織りまぜたあの聖杯伝説群の中から、アムフォルタス王の救済と聖杯の顕現という、最も秘儀的な局面を取り出したものであり、グラックはここへさらに、 『オトラントの城』や『アッシャー家の崩壊」といったゴシックロマンスの系譜を加えて、生への救済と死に至る劫罰とが背中合わせになった、いわばファウスト的でもある物語を構築する。
〈略〉
しかしグラックを真に彼自身たらしめているのは、何よりもまず、その特異な書法であるように私には思われる。〈略〉この『アルゴールの城にて』を読む人は、副詞句や関係節が迷路のように錯綜した、比験に比が積み重なって行く文章の、筋道を追うだけでも疲れると感じるだろう。まして翻訳で読む場合はなおさらである。その比喩もまた、いわゆる成句を多用し暗示やほのめかしに満ちているので、男性二人、女性一人の、たった三人の登場人物からなるこの物語に対してはあまりにも大袈裟な、いささか壮大すぎるものと受け取られるかも知れない。…”(本書巻末「訳者のあとがき」より)
販売価格

600円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
11月26日(終日)、28日(午前中)、29日(午後〜)は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM