日本近世絵画の図像学 ―趣向と深意― 林進 八木書店

ホーム

美術・建築・デザイン 評論・美術史・図像学ほか

平成12年 B5判 P382 カバー上端ヤケ、少イタミ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

9,000円(税込)

購入数


平成12年 B5判 P382 カバー上端ヤケ、少イタミ

平成11年に私家版として出版された論集を増補改訂し八木書店から刊行。
雪舟、雪村、山雪、宗達、光琳ほか近世の画家たちの作品をとりあげ、絵に添えられる文、描かれるモチーフや画面構成、手法といった手がかりを和漢の先行作品や文芸の文脈から解釈し、その主題や趣向を探る。

目次:
序 (白畑よし)
小序 (信多純一)

【第一章 「文字」のある絵画】
一 雪舟『天橋立図』 ―「黙約」のある絵画―
 (附論)雪舟『摘星楼図』 ―画の世界から詩の世界へ―
二 雪村『辛螺に蘭図』 ―自己を見つめて―
三 雪村『自画像』 ―その構造とメッセージ―

【第二章 絵画とテキスト】
一 雪村『観音拝宝塔図』 ―「釈教歌」の絵画化―
二 山雪『盤谷図』 ―近世文人画の誕生―
三 宗達『松島図屏風』 ―住吉詠歌「歌合せ」の絵画化―
 (附論)伝土佐光重『浜松図屏風』 ―住吉詠歌の絵画化―
 (附論)宗達補作『平家納経』の表紙絵・見返絵 ―「無常観」の図像学ノート―

【第三章 琳派の趣向】
一 光琳『紅白梅図屏風』 ―その「深意」を索めて―
二 光琳・深省(乾山)『銹絵菊図角皿』 ―合作の「場」―
 (附論)光琳・乾山合作『銹絵山水図四方火入』の趣向
 (附論)乾山『銹絵柳図重香合』の趣向
三 光琳『波濤図屏風』と抱一『波図屏風』 ―「絵合せ」の趣向―
四 抱一『夏秋草図屏風』 ―光琳『風神雷神図屏風』との合せ―

【第四章 琉球絵画研究】
宗季『花鳥図』 ―近世写生画の魁―
 (附論)琉球宮廷絵師 座間味庸昌

【第五章 近世絵画における図像学】
一 蕭白『柳下鬼女図』『美人図』 ―「嫉妬」の図像学―
二 蕪村『峨嵋露頂図」 ―「言葉」と「図像」の多義性―
三 蕪村『秋蘭と石図』 ―「隠居」の図像学―

【第六章 「場」の絵画】
 (邦文要旨と英語論文)俳諧の座における与謝蕪村の『秋蘭と石図』について

【第七章 絵画の深意[書き下ろし]】
宗達の『楊梅図屏風』について

あとがき

販売価格

9,000円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM