ケガレ 波平恵美子 講談社学術文庫

ホーム

人文・社会科学 宗教・民間信仰

人文・社会科学 民俗学・文化人類学・考古学 その他

文庫、新書、選書 講談社学術文庫

2009年 文庫判 P317 帯付 カバー僅イタミ P3〜36にかけて薄く鉛筆引線消し跡

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

450円(税込)

購入数



2009年 文庫判 P317 帯付 カバー僅イタミ P3〜36にかけて薄く鉛筆引線消し

“日本人の民間信仰に深く浸透していた「不浄」の観念とは?”(帯文)

“民間信仰において、ケガレを祓う儀礼は頻繁に多様な形で行われていた。人間の不幸は、ケガレ=不浄に原因があると考えられ、生活の隅々にまでその指標が浸透していたのである。死=黒不浄、出産・月経=赤不浄、罪や病、境界・峠という空間等、様々な民俗事例にあらわれたケガレ観念の諸相を丹念に追い、信仰行為の背後にあるものを明らかにする。”(カバー裏紹介文)

目次:
学術文庫版まえがき
はじめに

第一章 「ケガレ」観念をめぐる論議とその重要性
 {民間信仰におけるケガレの観念の重要性/松平斉光におけるケガレ論/柳田国男におけるケガレ論/最近のケガレ論―桜井・薗田・宮田におけるケガレ論/岡田重精のイミの研究/波平のケガレ論}

第二章 民間信仰におけるケガレ観念の諸相 ―黒不浄・赤不浄・その他
 第一節 死に係わるケガレ―黒不浄
  {死の異常性/死のケガレと危険―死が招く魔もの/清め―ケガレに対抗する防衛力/死のケガレと飢餓/イザナギの黄泉国訪問と死のケガレ/神と死のケガレ/仏教と死のケガレ}
 第二節 出産・月経とケガレ―赤不浄
  {死と再生とケガレ観/若狭湾岸における出産と月経のケガレ観/月経小屋および産小屋の問題/南西諸島における出産と月経をめぐる信仰/死のケガレと出産・月経のケガレ/月経をめぐるその他の問題}
 第三節 罪とケガレ・病とケガレ・その他
  {罪とケガレ/罪・ケガレ祓いと動物供犠/食肉とケガレ/病気とケガレ/職業とケガレ}
 第四節 火とケガレ
  {通過儀礼における火の儀礼的意味/制御されない火/破壊の火と再生の火}

第三章 空間と時間とにおけるハレ・ケ・ケガレの観念
 第一節 空間の認識におけるハレ・ケ・ケガレ
  {三辻・四辻・峠・境/「意味づけされた」空間とケガレ/周辺的空間とケガレの観念/異界とケガレの観念}
 第二節 時間の認識におけるハレ・ケ・ケガレと年中行事再考
  {特別に意味づけされた時間/ケガレの時間とその推移/ハレの時間とその設定/年中行事とハレの時間/継承・循環的年中行事とハレの時間/境の時間とケガレの観念}

第四章 「災因論」としてのケガレ観念と儀礼
 {災いの原因の説明としてのケガレ/「災因論」としてのケガレ観念の多様性/メアリー・ダグラスにおける不浄と危険の理論}

引用文献

販売価格

450円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM