ギリシアの泉 シモーヌ・ヴェーユ 訳:冨原眞弓 みすず書房

1992年2刷 四六判 P262+索引P9 帯付 カバー僅汚れ、端ヤケ、僅イタミ 小口時代シミ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

3,800円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
6月27日(月)の13時以降は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌28日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

海外文学評論・エッセイ

人文・社会科学思想・哲学・社会学

人文・社会科学歴史世界史




1992年2刷 四六判 P262+索引P9 帯付 カバー僅汚れ、端ヤケ、僅イタミ 小口時代シミ

“シモーヌ・ヴェーユは少女時代から「人間の不幸」に対する痛切な思いをもちつづけていた。〈略〉わずか34年の生涯のあいだに書かれた数多くの論文やノートには、自己の無化に到達するために超越=神をもとめようとしたヴェーユの思索の軌跡が、あざやかに刻まれている。
 本書は、古代ギリシアに関するヴェーユの論文や断片を集めたものである。『イリアス』や『アンチゴネー』は、力の専制を認めたうえで、人間の悲惨を痛恨をもって感じとらなければ、愛も正義もありえないことをしめした稀有の実例とされる。混迷と価値の喪失の時代を生きたヴェーユにとって、どれほどみじめな境遇にあっても、自分たちは至福のために生まれてきたのだと確信していたギリシア人たちは、つねに目標であったのだ。
 「プラトンにおける神」は本書の圧巻であろう。プラトンは哲学体系の創始者ではなく、ギリシア全土を潤していた宗教的諸伝承の総合をなしとげた神秘家とみなされる。…”(カバー裏紹介文より)

目次:
編者注

【I】
『イリアス』 あるいは力の詩篇
ゼウスとプロメテウス
エレクトラの嘆きとオレステスの認知
『アンチゴネー』
『エレクトラ』
メレアグロスの『春』

【II】
プラトン
 プラトンにおける神
 『テアイテトス』について
 『ファイドロス』について
 『ファイドロス』と『饗宴』について
 『ファイドロス』抜粋
 『国家』について

ヘラクレイトス
 断章の翻訳
 へラクレイトスにおける神

クレアンテス、フェレキュデス、アナクシマンドロス、フィロラオスにかんする覚書

訳者あとがき
索引
販売価格

3,800円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
6月27日(月)の13時以降は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌28日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM