ユリイカ 1972年7月 復刊3周年記念大特集:高村光太郎/ほか 青土社

ホーム

国内文学 詩・短歌・俳句ほか

国内文学 文芸誌

美術・建築・デザイン 評論・美術史・図像学ほか

雑誌・ムック本 ユリイカ

1972年 14.2×22.1 P294 表紙および小口ヤケ大、汚れ、少イタミ ページ開きグセ、角少折れ跡 巻頭数ぺージシミ汚れ 末尾ページ少剥がし跡

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

650円(税込)

購入数



1972年 14.2×22.1 P294 表紙および小口ヤケ大、汚れ、少イタミ ページ開きグセ、角少折れ跡 巻頭数ぺージシミ汚れ 末尾ページ少剥がし跡

全294ページのうち特集184ページ。

目次:
【薔薇と十字架】ドストエフスキーのペテルブルグ(川端香男里)
【わが悪魔祓い】狂おしの鳩ポッポ(吉増剛造)
【新連載・現代詩時評】死者の目覚め(清水昶)
【詩】
 手紙/世界がほろびる日(石原吉郎)
 May(財部鳥子)
 神のささやき(会田千衣子)
 みどりの風(諏訪優)
 ある降誕節に(片瀬博子)
 午夜の貌(及川均)
【長詩】
 詩の呪法(鷲巣繁男)
 語彙集(中江俊夫)

特集 高村光太郎
【エッセイ】
 紛失したおハガキ(北杜夫)
 高村さんのこと(富士正晴)
 光太郎の首座(中村草田男)
 高村さんのこと(金子光晴)
 雪の夜のこと(難波田龍起)
【美術】
 光太郎と劉生(瀬木慎一)
 高村光太郎の彫刻(三木多聞)
 彫刻家高村光太郎という宿題(高田博厚)
 私にとっての光太郎(飯田善国)
 高村光太郎と私(高田博厚)
【エッセイ】
 高村光太郎の虚実(色川大吉)
 “愚者”の道程(鹿野政直)
 そのアンチ・ニヒル(秋山清)
 光太郎雑感(三木卓)

柳八重メモ(編:北川太一)
【全集未収録論文集】光太郎逸珠(編:北川太一)
【共同討議】高村光太郎の世界(吉本隆明、高田博厚、高階秀爾、北川太一)
【研究】
 “自然”理念の変遷について(桶谷秀昭)
 “冬”は高村にとって何であったのか(内村剛介)
 巨木の風格(岡本潤)
 高村智恵子の紙絵(真壁仁)
 光太郎における思想と文体(原子朗)
 彫刻家・光太郎(岡田隆彦)
 血だるま光太郎(鈴村和成)
 高村光太郎の自己放棄(上村武男)
 二つのデカダンス(小田切秀雄)
 高村光太郎における〈自然〉(饗庭孝男)
【資料】
 高村光太郎年譜(北村太一)
 高村光太郎文献案内(北村太一)

【短篇】
 見送りそこない(鈴木志郎康)
 事実證明書(鮎川信夫)
【連載】
 断章(大岡信)
 クルチウスへの感謝III(篠田一士)
【新連載第二回・交友録】G/ロウェス・ディッキンソン(吉田健一)
【古典】海鳴り古事記(安西均)
【本の世界】「最前線」讃(吉野弘)
【海外通信】C・D・ルイスの死(中桐雅夫)
【解放区】
【われ発見せり】暗の源(北川透)

販売価格

650円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM