イギリス文学の伝統と現代 スウィフト、ジョイス、マードック、スパークを中心に 小辻梅子 荒竹出版

カテゴリー : ホーム 海外文学 評論・エッセイ



昭和53年 四六判 P324 全体に経年によるヤケ 函背少破れ 帯背ヤケ大、下端折れ跡

“イギリスの四人の小説家
スウィフトやジョイスのないイギリス文学ないしヨーロッパ文学は考えることはできません。著者はマードックやスパークにも深い関心を示しています。いずれも学問的関心に立っていて、日本の英文学研究の水準も広くなったものだと敬服します。(荒正人氏「序文」より)”(帯文)

目次:
序文(荒正人)

序論 スゥィフトからスパークまで
 一 イギリス文学史小論 ―小説を中心として
 二 スウィフト、ジョイス、マードックおよびスパークの共通性と個別性
 三 雑種性、諷刺の性格と自我の追求

一章 スウィフト
 一 「書物戦争」 {一 「書物戦争」までのスウィフト/二 「書物戦争」}
 二 『桶物語』と若きスウィフト {一 執筆の動機/二 「桶物語」/三 「脱線」/四 『桶物語』の意図と結果}
三 『ガリヴァ旅行記』 ―リリパット渡航記
 {一 リリパットの成立ち ―とくにガルガンチュワ、パンタグリュエルとの対比/二 「内閣から子供部屋まで」/三 政界諷刺}
四 『ガリヴァ旅行記』の諏刺的性格について
 {一 スウィフトの立場 ―対立する二つの価値/二 ガリヴァとスウィフト/三 近代学者批判、不死の恐れ/四 ガリヴァとフウイヌム/五 ガリヴァの変貌}

二章 ダブリン ―ジョイスとマードック
 一 『ダブリナーズ』 {一 「麻痺《パラリシス》/二 「麻痺」の蔓延/三 「死せる人々」}
 二 ジョイスとマードックのダブリ ン {一 はじめに/二 幼年/三 青春期/四 イヴォンヌと『ダブリナーズ』の青年たち}
 三 ダブリン散歩 {一 聖パトリック寺院とスライゴー/二 イヴォンヌとともに}

三章 現代イギリス女流作家 ―マードックとスパーク
 一 アイリス・マードック『網のなか』 {一 アプローチ/二 ピカレスク小説、ビルドゥングスロマンとしての性格/三 人物論/四 悲劇性と喜劇性}
 二 ミューリエル・スパークの短篇におけるペルソナの問題 {一 はじめに/二 「ポートベロ通り」/三 「バンバン殺ったぞ!」/四 むすび}
 三 「ゴウ・アウェイ・バード」 {一 主題/二 主筋を中心とした構成/三 舞台と時代背景/四 人物論/五 登場人物と作者の視点の関係}
 四 ミューリエル・スパークの現在形小説 {一 なぜ現在形で書くのか/二 『運転席』/三 『邪魔しないで」/四 『イースト・リバー岸の暑い家』/五 『クルー女修道院長』/六 スパークにおける伝統}

初出一覧
あとがき
索引

販売価格

950円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM