ハイネのおしゃべりな身体 木庭宏 松籟社

カテゴリー : ホーム 海外文学 評論・エッセイ


2004年 四六判 P453 帯付 カバー僅汚れ

“ギロチンの口、泣き喚く胃袋、廃墟の胸、監視する魚の目…あらゆる部位から溢れ出す饒舌な=豊穣な形象

ハイネの〈身体〉にメスを入れる

ハイネ散文作品の「身体」にまつわる表現に焦点を当て詩人にしてジャーナリストのハイネにおいてこそ現出しえた文学とジャーナリズムの融合を抉り出す”(帯文)

目次:
【序章 ことばと形象性】
はじめに
第一節 ハイネの散文と形象語彙
第二節 データベースと語彙カテゴリー
第三節 観念連合、そしてレトリック

【第一章 身体と死体】
第一節 身体と国家
第二節 身体と精神
第三節 死体と生の対比
第四節 死体を視る
第五節 死体、ミイラ、幽霊

【第二章 頭部】
第一節 頭、首、頭脳
 一 頭と身体の地誌学
 二 頭とその中身
 三 首を切る
 四 頭の比喩的用法
第二節 髪の毛と髭
 一 髪の毛の比喩的、象徴的表現
 二 髪の毛と顔(首)
 三 長髪と社会批判
 四 髭と額縁、髭の挨拶、髪と蛇
 五 髭の落書き、組み換え、取り違え
 六 黒い髭と白い髭、髭の若返り
 七 ユダヤ人と髭
 八 髭を切る
 九 髭を剃る
第三節 顔、表情、骨相
 一 ことばのポートレート
 二 顔つきを決める要因
 三 その他さまざまな顔
第四節 顔の道具
 一 額
 二 目、瞳(眼差し)
 三 鼻
 四 耳
 五 頬
 六 口、口もと (1口 2唇、接吻 3歯、歯痛 4舌)

【第三章 胴体】
第一節 肩、背中
第二節 胸、乳房
 一 国家と国民の胸
 二 男の胸
 三 女の胸
第三節 腹、臟器
 一 腹部
 二 横腹、肋骨、横隔膜、へそ
 三 心臓、ココロ
 四 胃腸、その他の臓器
第四節 腰、臀部、尾
 一 腰、臀部
 二 尾
第五節 性器

【第四章 四肢】
第二節 手、こぶし
 一 手とその素材
 二 手そのものと手の動きの描写
 三 きれいな手と汚れた手
 四 実行する手、こぶし
 五 手と指の霊力
 六 手の所作
第三節 脚
 一 男の脚
 二 女の脚
 三 脚と詩脚
第四節 足
 一 足への不名誉な扱い
 二 大きな足と小さな足
 三 足への経緯と接吻
 四 足の比喩的用法
 五 足と魚の目


使用ハイネ作品一覧(出版年代順)
あとがき

販売価格

1,700円(税込)

購入数
※「日本郵便の規格・運賃改正に伴う発送方法変更のお知らせ」(当店ブログに移動します)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

Search


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM