群衆論 港千尋 ちくま学芸文庫

カテゴリー : ホーム 美術・建築・デザイン 評論・美術史・図像学ほか

カテゴリー : ホーム 美術・建築・デザイン 演劇・舞踏・映像芸術

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 思想・哲学・社会学

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 言語学・記号学・メディア論

カテゴリー : ホーム 文庫、新書、選書 ちくま文庫・ちくま学芸文庫



2002年 文庫判 P407 カバー少汚れ、端少イタミ、上端僅破れ

“顔から群れへ、群れから群衆へ、そしてさらなる増殖へ……。群衆に抱かれながら、人々は触覚の喜びと恐れを覚え、その皮膚にあらゆる群れの感情を記憶させてきた。20世紀に登場した都市群衆という怪物は、新しい視覚体験を生む創像の源となるとともに、その一方、権力の繭となり所有と支配を産む力ともなる。創像者はやがて映像による知覚の革命を夢み、権力の繭からは〈監視者〉が姿を現わす。20世紀の群衆現象をたどり、精神科医クレランボー、エイゼンシュタイン、ヴィトゲンシュタイン、ウォーホルらの映像表現を渉猟しながら、群衆の管理のイメージの変遷を追う。”(カバー裏紹介文)

目次:
プロローグ
はじめに

【第一部】
襞のなかで眠りたい
サイケデリックス
なぜ顔に見えるのか

【第二部】
増殖の始まり
組み立て式の眼
階段から落ちる
ザンダー・エコロジー
家族的類似について
死の地勢学
エキストラはなぜカメラを見てはいけないのか
キングコング、クビライ・カン、カフカ?
電子映像時代の芸術

フォトギャラリー 群衆―パリ・ベルリン・プラハ

【第三部】
注視者と測量士

あとがき
文庫版あとがき
解説(今村仁司)

販売価格

950円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM