神話の詩学 エレアザール・メレチンスキー 訳:津久井定雄、直野洋子 水声社

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 言語学・記号学・メディア論

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 民俗学・文化人類学・考古学 その他

カテゴリー : ホーム 妖怪・幻獣・神話・民間伝承 西洋・その他の神話・民間伝承・怪物


2007年 A5判 P563 カバー僅スレ、上端少イタミ

叢書記号学的実践

“《太古の神話はある種混交的な統一体であって、宗教と太古の哲学的観念の萌芽だけでなく、芸術の萌し、わけても言語芸術の萌しも潜ませていた。》
著者はまず、今日の代表的な神話理論―レヴィ=ストロース、バルト、グレマスの構造主義、ノースロップ・フライの儀礼神話論的批訐、ユング、キャンベルの心理学主義等々―を詳細に検討したのち、神話の古典的諸形態(宇宙起源論、歳時神話、終末神話、英雄神話等)の構造と生成の理論的、具体的分析へと進み、最後に、二十世紀文学における神話主義(ジョイス、トーマス・マン、カフカ、ガルシア=マルケス等)の考察と位置づけを試みる。
プロップ『昔話の形態学』の《再発見》の立役者ともいうべきロシア神話学の泰斗の、広大な視野と緻密な実証性、強靱な理論を兼ねそなえた本書によって、読者は〈構造分析と歴史分析の対話〉((レヴィ=ストロース)へと誘われるだろう。”(カバー裏紹介文)

目次:
日本語版への序文
序文

【第一部 最新の神話理論と儀礼神話論的文学研究】
一 前史
二 哲学と文化学における「再神話化」
三 儀礼主義と機能主義
四 フランス社会学派
五 シンボル主義理論
六 分析心理学
七 構造主義
八 文学研究における儀礼神話学派
九 ロシア·ソ連における神話創造の研究
十 予備的なまとめ

【第二部 神話の古典的諸形態とそれらの物語フォークロアへの反映】
一 予備的な確認
二 神話思考全般の性質
三 神話の働き方の方向
四 神話時代とその「パラダイム」
五 始祖-デミウルゴス-文化英雄
六 古型的創造神話
七 社会集団の遡源論
八 カオスとコスモス ―宇宙起源
九 宇宙モデル
十 歳時神話
十一 宇宙的周期と終末神話
十二 英雄神話と「通過」儀礼
十三 神話プロットと神話体系の意味論
十四 神話・昔話・叙事詩

【第三部 二十世紀文学の「神話主義」】
一 前史
二 二十世紀の「神話」小説 ―まえおきとして
三 アンチテーゼ ―ジョイスとトーマス・マン
四 カフカの「神話主義」
五 現代小説における諸種の神話化

原注
訳注
人名索引
事項索引

『神話の詩学』と著者エレアザール・メレチンスキー
訳者あとがき

販売価格

4,000円(税込)

購入数
※「日本郵便の規格・運賃改正に伴う発送方法変更のお知らせ」(当店ブログに移動します)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

Search


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM