黄昏の系譜 橋本真理 深夜叢書

カテゴリー : ホーム 国内文学 評論・エッセイ

カテゴリー : ホーム 幻想・綺想・怪奇・シュルレアリスム・前衛・・・ その他国内幻想文学・芸術・評論



昭和47年 四六判 P231 帯およびカバー背ヤケ、端イタミ 帯汚れ、破れ補修跡 小口ヤケ、時代シミ

“〈わたくしは徐々に密装されるわたくしの生存に耐えて黄昏の系譜 をひもといた〉
近代の薄暮を吸いながら開花し夭逝した村山槐多、関根正二、富永太郎、大手拓次、伊藤野枝……これら諸星孛の内的衝迫の世界に自らの魂の葛藤と呻きを凝結させ、天成の文章力と詩的感性をもって追尋する本書は、現代批評の時空に鮮烈な光芒を投げかける。存在の懸崖で魂の惨劇と寂寥につらぬかれた固有時との無償性のダイアローグ、渺茫たる詩=死の幻野を彷徨する見者の《夭生の劇》を内在させた無垢の祈りの書。”(帯文)

目次:
I
村山槐多論 {1 美醜の彼岸/2 魂の廃都の皇子}
幻の地平線 ―関根正二ノート

II
純潔と狂気 ―富永太郎をめぐり
異空の婚姻 ―大手拓次
延命の祝祭 ―石原吉郎論
試煉・水無月祓

III
屍毒はまわる ―伊藤野枝をめぐる反復夢
虚無の照魔鏡 ―石川三四郎・恩寵のアナキズム

IV
《悉無律》論 ―あとがきに代えて

相夢の辞

販売価格

2,400円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

●トークイベントのお知らせ●

【秋の夜長の本だんぎ 〜星と本とくらす〜】
出演:蟲文庫 田中美穂/聞き手:古本斑猫軒 渡邉賢二
日時:11月25日(土) 18:30〜20:00(18:00開場)
会場:Jテラスカフェ(岡山大学津島キャンパス内)
参加費:500円+1ドリンク500円=1,000円 ※要予約(定員に達しない場合は当日参加可能)
参加申し込みは下記リンクにて受付中
瀬戸内ブッククルーズ「秋の夜長の本だんぎ」ご案内・申し込みページ
どうぞよろしくお願いいたします。

Cart

» カートの中身を見る

Search


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM