呪いの研究 拡張する意識と霊性 中村雅彦 トランスビュー

ホーム

人文・社会科学 宗教・民間信仰

人文・社会科学 民俗学・文化人類学・考古学 その他

現代文化・風俗・サブカルチャー 呪術・占術・オカルトサイエンスほか

2003年 四六判 P216 カバー端ヤケ 天シミ汚れ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

1,450円(税込)

売り切れました


2003年 四六判 P216 カバー端ヤケ 天シミ汚れ

研究者として四国の拝み屋に関するフィールドワークを続け、自身も宮司となった著者が、社会心理学やトランスパーソナル心理学からの視点を交えつつ「呪い」「憑物」「超能力」などの事象について考察する。

目次:
序章
第1章 四国魔界フィールドワーク
 {「魔界」四国に住む/四国の呪術師/「拝み屋」たちの生きざま/苦悩と苦難/現代の呪術戦/新宗教の呪縛/呪詛シンドローム}
第2章 呪術の歴史
 {呪術の起源/神道と仏教の出会い/山林修行者―拝み屋のルーツ(1)/修験道―拝み屋のルーツ(2)/憑き物信仰とは何か/憑き物の社会心理学的な背景/犬神の幻魔/憑霊信仰と差別/使い捨てられる祈祷師たち/カミを呼ぶ「血」}
第3章 シャーマンの危機
 {霊性とは何か/宗教的な現象と民衆文化―新霊性運動の広がり/偽りの霊性/霊性発現と霊的危機/神秘体験か、精神錯乱か/魂の暗夜―シャーマンの危機/拝み屋のパワー・アニマル―眷属と動物霊}
第4章 呪いの構造―超心理学の視点から
 {超常的な意識の働き/心の力―超能力と霊能力/拡張する意識/ミクロの世界の念力/呪う力・癒す力/トランス・コミュニケーション/トランス状態の意識/念ずれば花開く/意識のネットワーク}
第5章 呪いから癒しへ
 {科学と宗教の結婚/物理学者の考える「心」/ノンローカルな癒し/移植された臓器の記憶/集団の意識の働き/魂の心理学/意識変容のテクノロジー/失われた霊性の回復に向けて}
終章
あとがき

販売価格

1,450円(税込)

売り切れました

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM