記号と言霊 鎌田東二 青弓社

ホーム

人文・社会科学 思想・哲学・社会学

人文・社会科学 宗教・民間信仰

人文・社会科学 言語学・記号学・メディア論

1996年4刷 四六判 P357 カバースレ、上端少イタミ、背ヤケ大、破れ大

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

1,150円(税込)

購入数


1996年4刷 四六判 P357 カバースレ、上端少イタミ、背ヤケ大、破れ大

“いったい、何時、何処で、誰が最初の言葉を発したのか?……神秘主義哲学から現代記号学まで、古今東西の言語思想の系譜を辿り、現代の言語認識の基本的前提である「記号論」に対し、日常的な経験事実を超えた言語体験としての言霊論が切りひらく存在論的―生命論的地平、言語の発生現場を洞察する。”(カバー紹介文)

目次:
序章 言葉・その未知との遭遇
第一章 言語と声と発声器官
第二章 言霊観の変遷
 1 西洋の言霊思想―ダーバールとロゴス
 2 インドの言霊思想―マントラとスポータ
 3 中国の言霊思想―正名と狂言
 4 日本の言霊思想―その原像としての「言霊」と「真言」
第三章 近世の言霊思想
 1 ロマン主義的衝動と言霊宇宙論の展開
 2 山口志道の言霊論―『水穂伝』
 3 中村孝道の言霊論
 4 平田篤胤の言霊論―『古史本辞経』
第四章 近代の言霊思想
 1 大石凝真素美の言霊論―『大日本言霊』
 2 出口王仁三郎および大本教の言霊論
 3 川面凡児の言霊論
 4 友清歓真の音霊論
 5 折口信夫の言霊論
 6 岡田茂吉の言霊論
 7 言霊思想の問題点
第五章 記号論と言霊論
 1 宗教言語と日常言語
 2 記号論と言霊論
終章 言葉と場所と言霊と

あとがき
主要参考文献 

販売価格

1,150円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM