タイに於ける楽器の調査研究 黒澤隆朝 日本・タイ文化研究所

昭和16年 19.5×26.3 P97 表紙イタミ、少破れ穴、背補強 地シミ汚れ ページ全体に開きグセ、ヤケ、クスミ、端イタミ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

7,800円(税込)

購入数

人文・社会科学民俗学・文化人類学・考古学その他

文化・風俗・サブカルチャー芸能・音楽





昭和16年 19.5×26.3 P97 表紙イタミ、少破れ穴、背補強 地シミ汚れ ページ全体に開きグセ、ヤケ、クスミ、端イタミ

第二次大戦以前にタイ国立博物館の収蔵品を中心として、タイ伝統楽器について蒐集・調査した成果をまとめる。各種楽器のモノクロ写真と、それぞれの解説を付す。

“コンタイ族が誇るタイ正統音楽は国楽としてその中心をなして居る事は勿論であるが、民族文化の潮流から、印度系、ジャワ系、支那系の音楽、及びその楽器がそれに合流し、又は単独に行はれてゐる事も必然的なことである。更に同体系にカムボヂヤ音楽があり、地方的にラオス音楽があり、苗族、ゲオ族があり、モン・ベグンと種々の色彩を見ない程の多様性を有している。
本書はそれらの楽器をなるたけ彷彿せしめたい意味に於いて、悉く写真に収め、その大きさから、音を発し得るものに就いてはその高度を求め、又甚だしく調律の乱れてゐるものに就いてはその楽器が当然有つ可き音階を記入して置いた。”(自序より)

目次:
第一図 タイ火葬儀式用楽器/第二図 銅鑼(コング)/第三図 支那楽器(一)/第四図 同 (二)/第五図 同 (三)/第六図 タレン地方の楽器(一)/第七図 同 (二)/第八図 同 (三)/第九図 タイの打楽器/第一〇図 硝子琴とジャワ太鼓/第一一図 タイの絃楽器/第一二図 タイ音楽旧式編成/第一三図 タイ音楽現代編成/第一四図 同 (二)/第一五図 同 (三)/第一六図 外来楽器(一)/第一七図 同 (二)/第一八図 木鼓、銅鼓及び鰐琴/第一九図 東部タイの笙/第二〇図 北タイの打楽器(一)/第二一図 同 (二)/第二二図 タイ音楽簡易編成(一)/第二三図 同 (二)/第二四図 カムボヂヤの楽器(一)/第二五図 同 (二)/第二六図 同 (三)/第二七図 タイの管楽器(一)/第二八図 同 (二)/第二九図 同 (三)/第三〇図 ジャワの楽器「ガメラン」(一)/第三一図 同 (二)/第三二図 同 (三)/第三三図 同 (四)/第三四図 同 (五)/第三五図 同 「アンクルン」(六)/第三六図 軍鼓と戦捷鼓/第三七図 軍用楽器/第三八図 鼓樓太鼓と銅鼓/第三九図 鐘と鈴(一)/第四〇図 同 (二)/第四一図 同 (三)/第四二図 同 (四)/第四三図 同 (五)

販売価格

7,800円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Members

はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM