催眠術の日本近代 一柳廣孝 青弓社

ホーム

人文・社会科学 思想・哲学・社会学

人文・社会科学 言語学・記号学・メディア論

現代文化・風俗・サブカルチャー 文化・風俗

1997年初版 四六判 P213 背僅ヤケ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

0円(税込)

売り切れました


1997年初版 四六判 P213 背僅ヤケ

“パラダイムの一大転換を迫られた明治期、科学とオカルトの境界に狂い咲いた催眠術。他者の心さえ思うままに操る“術”と、人々を「国民」として統合していく国家とを重ね合わせて読み解く。”(カバー紹介文)

目次:
はじめに
I 催眠術の登場―合理と非合理のはざまで
 1 催眠術の移入
  {「こっくりさん」の向こう側/催眠術の移入/アカデミズムと催眠術/催眠術と小説・演芸/催眠術ブームの断絶}
 2 異形としてのメスメリズム
  {メスメリズムの移入/メスメリズムとスピリチュアリズム/メスメリズムと「電気」}
 3 「幻術」の発見
  {催眠術と幻術のあいだ/幻術としての「忍術」/近藤嘉三『幻術の理法』『魔術と催眠術』/気合術師、浜口熊嶽}
 4 「幻術」の歴史
  {幻術の歴史/幻術とキリシタン/『動物電気概論』と『魔術と催眠術』の〈絵〉}

II 催眠術ブームの背景
 1 明治三十六年の催眠術
  {催眠術ブームの再来/「脳」と「神経」と催眠術/催眠術書の中身/催眠術と心霊学/「万能薬」としての催眠術/催眠術の「霊」的理論}
 2 幸田露伴「術比べ」の周辺
  {催眠術は「邪法」か「科学」か/「狐」というメタファー/憑物信仰と催眠術/写真・玉突き・催眠術}
 3 アカデミズムと権力/制度
  {『催眠術及ズッゲスチオン論集』の刊行/心理学・精神医学の眼差し/心理学と精神医学の「学」的附置/犯罪としての催眠術/宮崎県の私為医業被告事件}

III 変質する催眠術
 1 森鴎外「魔睡」の象徴性
  {鴎外と「魔睡」/明治四十二年の催眠術/誘発される「性」}
 2 「千里眼事件」の波紋
  {千里眼事件と催眠術/メディアの眼差し/福来友吉の挫折/「催眠術」から「霊術」へ}

IV 霊術の時代
 1 霊術のバックグラウンド
  {大槻快尊「精神療法の話」/心理学の「心霊」からの撤退/高橋五郎の「心霊哲学」/マイヤーズの「潜在意識」/精神分析の危うさ/禅と催眠術}
 2 多面体としての霊術
  {村上辰午郎の催眠術普及運動/多面体としての霊術/霊術の営業戦略/太霊道と大本教/「神経病」の時代のなかで}
 3 霊術の行方
  {庶民の眼差し/霊術ブームの終焉}

おわりに―世紀末と現代日本
あとがき

販売価格

0円(税込)

売り切れました

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM