怪談 民俗学の立場から 編著:今野圓輔 教養文庫

昭和50年19刷 P216 カバー少スレ、少イタミ 小口ヤケ 末尾ページ剥がし跡

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

450円(税込)

購入数

人文・社会科学民俗学・文化人類学・考古学その他

妖怪・幻獣・神話・民間伝承日本・東洋の神話・説話・民間伝承・妖怪

文庫、新書、選書



昭和50年19刷 P216 カバー少スレ、少イタミ 小口ヤケ 末尾ページ剥がし跡

“現在のように文明が高度に発達し、生活が化学化されているという時代に怪談のようなものが、なぜ、もてはやされるのか。
 このようなことは、きわめて素朴、低級なる疑問として、しばしば一笑に付されてしまいがちなのだが、適当な解答が与えられないのならば、やはり、だれかがこれに必要があるだろう。”(カバー裏紹介文)

“「幽霊って、ほんとうに出るものだろうか」
「狐や狸は、実際に化けたり化かしたりするだろう」
こうした素朴な疑問に、私たちは理屈では否定しながらなにかわりきれぬ実感を持つにちがいない。
本書は、豊富な実例と著者の民俗学的立場から、興味深くこれらの疑問を解き明かしていく。”(カバー袖紹介文)

目次:
I 幽霊・妖怪の登場
 一 怪談はなぜもてはやされるか {夏の夜の寵児-四つの特性-その栄枯盛衰}
 二 怪談の主人公たち {幽霊-妖怪変化-憑きもの}
 三 幽霊・妖怪出現の背景 {雑音にひしめく都会-ランプにかすむ田舎-カワタレ時・逢魔が時-ネオンに挑む幽霊}

II 幽霊の歴史性
 一 夏芝居・盆興行と幽霊 {盛況の幽霊ばなし-お盆と幽霊の因縁-ある学者の意見}
 二 幽霊あ・ら・か・る・と {足のある幽霊・ない幽霊-新旧文化の併存-都会の幽霊(1)-都会の幽霊(2)-田舎の幽霊(1)-田舎の幽霊(2)}
 三 幽霊の実態 {火の玉と魂のぬけた人間-人魂の色・形・種類-幽霊の現われかた}
 四 二〇世紀の謎―心霊現象 {心霊術の実験-現代の幽霊現象-近代科学との対決}


III 妖怪変化百態
 一 「モウ」と出る妖怪変化
 二 山中に住む妖怪 {生きている仙人-「やまびと」-鬼と天狗}
 三 家や路傍の妖怪 {路上の怪-すさまじき雪女郎-狐と狸の腕自慢}
 四 遊泳自在の妖怪 {水神変じて河童-河中の怪物-海の妖怪-濡れ女・磯姫・共潜き-竜宮と人魚}

IV 神がみの零落と霊魂信仰
 一 あの世とこの世と {日本人の天国-天国はいずこ-天国への階段}
 二 生霊と精霊 {生きている魂-死後の魂と盆行事-成仏しきれぬ魂}
 三 祖霊と八百万の神がみ {八百万の正体-すべては守神へ-強い信仰意識}
 四 信仰の衰退と芸術の発生 {ご神体の具像化-なぜ具像化される?芸術の発生-信仰の衰退と怪談}

V 怪談は生きている
 一 現代人と怪談
 二 現代文明と会談のゆくえ {信仰の娯楽化・慣習化-近代生活の不安-怪談流行の新しい素地}
 三 エピローグ {幼な子の疑問-常識のエア・ポケット-われわれの立場}

付録 霊魂現象の調査手帖
参考文献紹介
販売価格

450円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM