落花飛鳥 世紀末デカダンスの彷徨譚 エレミール・ブールジュ 訳:中島廣子 国書刊行会

1993年初版 A5判 P398 帯少破れ、背少ヤケ カバー背から端にかけてヤケ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

1,400円(税込)

購入数

海外文学小説・物語

幻想・綺想・怪奇・シュルレアリスム・前衛・・・海外幻想文学・芸術・評論



1993年初版 A5判 P398 帯少破れ、背少ヤケ カバー背から端にかけてヤケ

“世紀末に開花する逸楽の宴
ロシアの王子フロリスは、儚い栄光を追い求め、禁断の恋に身を委ねる。虚飾の日々に耽溺する人々の、絢爛たる生を描き出す人間絵巻。”(帯文)

“パリ・コミューンの動乱のさなか、密命をおびた一人の男が砲弾の飛び交う戦場を彷徨い、コミューンの闘士フロリスと出会った……。ロシアの若き王子として新たな生を得たフロリスは、栄光を追い求め、刹那の恋に身を焦がし、頽廃の色濃い逸楽の宴を駆けめぐる。慈愛に満ちた大妃マリア=ピア、冷酷な父大公フョードル、貞淑な妻イザベルとその妖精の如き妹ジョズィナ、彼を取り巻く貴紳淑女が綾なす絢爛豪華な人間絵巻を、華麗な筆致で描き出した歴史小説。フランス世紀末文学を代表する作家エレミール・ブールジュが、名作「神々の黄昏」ののち、10年に亘る思索と美的探求の日々を経て完成させ、フィリップ・ジュリアンをして〈傑作小説〉と言わしめた巨篇。”(カバー裏紹介文)

目次:
プロローグ
第一部―不運の極み、これ逃れえぬものにあらず/第二部―魔法の島の逸楽/第三部―すべては無なり
解説
販売価格

1,400円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM