アラブ、祈りとしての文学 岡真理 みすず書房

2008年初版 四六判 P311 帯付

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

1,850円(税込)

売り切れました

海外文学評論・エッセイ

国内文学評論・エッセイ

人文・社会科学宗教・民間信仰

人文・社会科学歴史世界史



2008年初版 四六判 P311 帯付

“小説を読むことは他者の生を自らの経験として生きることだ。絶望的な状況におかれた人々の尊厳を想い、非在の贖いとしての共同性を希求する新たな批評の到来。”(帯文)

“もしもパレスチナの難民キャンプで傷付いた子どもの傍らにいたら、私たちはその手をとるだろう。ベツレヘムの街で自爆に赴く青年が目の前にいたら、彼の行く手を遮るだろう。だが私たちはそこにいない。
 小説を書き、読むという営みは理不尽な現実を直接変えることはない。小説は無能なのか。悲惨な世界を前に文学は何ができるのか。古くて新しい問いが浮上する。
 ガザ、ハイファ、ベイルート、コンスタンティーヌ、フェズ……、様々な土地の苛烈な生を私たちに伝える現代のアラブ文学は多様な貌をもつ。しかし名作品に通奏低音のように響く、ひとつの祈念がある。
 「かつて、そこで起きた、とりかえしのつかない、痛みに満ちた出来事の記憶。もう帰ってはこない人々。[…]作家は、頭蓋骨に穿たれた二つの眼窩に湛えられた深い闇からこの世界を幻視し、彼岸と此岸のあわいで、起こらなかったけれども、もしかしたら起こりえたかもしれない未来を夢見続ける死者たちの息づかいに耳をすます」。
 小説を読むことは、他者の生を自らの経験として生きることだ。見知らぬ土地、会ったこともない人々が、いつしか親しい存在へと変わる。小説を読むことで世界と私の関係性が変わるのだ。それは、世界のありようを変えるささやかな、しかし大切な一歩となる。世界に記憶されることのない小さき人々の尊厳を想い、文学は祈りになる。”(カバー裏紹介文)

目次:
1 小説、この無能なものたち/2 数に抗して/3 イメージ、それでもなお/4 ナクバの記憶/5 異郷と幻影/6 ポストコロニアル・モンスター/7 背教の書物/8 大地に秘められたもの/9 コンスタンティーヌ、あるいは恋する虜/10 アッラーとチョコレート/11 越境の夢/12 記憶のアラベスク/13 祖母と裏切り/14 ネイションの彼岸/15 非国民の共同体
あとがき
販売価格

1,850円(税込)

売り切れました

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM