声と現象 フッサール現象学における記号の問題への序論 ジャック・デリダ 訳:高橋允昭 理想社

昭和61年7刷 四六判 P234 カバーイタミ、時代シミ、背ヤケ 両見返しヤケ 裏遊び紙上角鉛筆値段消し跡

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

950円(税込)

購入数

人文・社会科学思想・哲学・社会学

人文・社会科学言語学・記号学・メディア論





昭和61年7刷 四六判 P234 カバーイタミ、時代シミ、背ヤケ 両見返しヤケ 裏遊び紙上角鉛筆値段消し跡

“フッサールは充実した根源的直観に対する意味の現前を、すべての価値の源泉および保証者とみなした。これは彼にとって《あらゆる原理の原理》であった。しかしまさにこの点に、或る種の独断論的な執着がひそんでいる。事実、現前のこの特権はひとえに声の卓越性によって確立されるのである。このことは現象学において決して前景を占めているわけではない。にもかかわらず、それは現象学全体を支配している。しかも、声のこの必然的な特権は、ひとりフッサールにとどまらず、形而上学の全歴史を通じて認められるところである。とはいえ、彼はそれの宿すすべての資源を最大の批判的精妙さをもって開発した。
本書においてデリダは、『論理学研究』に見られる記号概念の分析を通じて、その模倣を的確にあばきだすとともに、形而上学の囲いの踏み越えを示唆する。”(カバー裏紹介文)

目次:
序言
第一章 記号というものと諸記号
第二章 指標の還元
第三章 独語としての意義作用
第四章 意義作用とルプレザンタシオン
第五章 記号とまばたき
第六章 沈黙を守る声
第七章 根源の補欠
付論 記号学と書記学
訳者あとがき
販売価格

950円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM