歴史科学叢書 村落内身分と村落神話 薗部寿樹 校倉書房

2005年初版 A5判 P360 函背および端ヤケ、少汚れ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

8,700円(税込)

購入数

人文・社会科学宗教・民間信仰

人文・社会科学歴史日本史

人文・社会科学民俗学・文化人類学・考古学その他



2005年初版 A5判 P360 函背および端ヤケ、少汚れ

“村落内身分とは、「村落集団によりおのおの独自に認定・保証され、一義的にはその村落内で通用し、村落財政により支えられた身分体系」のことである。”(序章より)

中世から近世にかけて、「宮座」の組織を基盤として形成された村落内身分の研究。
また、宮座による祭祀の中核をなし、そのアイデンティティの核心でもある村落の開創神話についても考察する。

目次:
序章 本書の目的

第一章 百姓身分と村落内身分
 はじめに
 第一節 百姓身分の特質 {1 百姓の身分標識/2 百姓の身分課役}
 第二節 百姓身分の変質 {1 百姓身分の弛緩・空洞化/2 百姓身分弛緩・空洞化の背景}
 おわりに

第二章 名主頭役身分
 はじめに
 第一節 名主頭役身分の形成とその特質 {1 中国地方における中世前期の惣荘/2 名主座の成立/3 村落内身分としての名主頭役身分/4 名主頭役身分の家格への変質}
 第二節 美作国弓削荘における名主頭役身分 {1 名の変質と名主座の形成/2 名主座の重層構造―惣荘宮座と村落宮座/3 名主座と神主・社家―名主頭役身分と地域社会/4 名主座の変質―名主頭役身分と家格制}
 おわりに

第三章 家格制宮座の形成とその背景
 はじめに
 第一節 畆\功身分から家格制宮座へ―近江国今堀郷 {1 中近世移行期における村落財政/2 村落財政の変化/3 宮座の変質}
 第二節 家格制宮座形成の背景―丹波国山国荘 {1 家格制形成の時期/2 名主由緒書と家格制/3 家格制形成の歴史的背景}
 おわりに

 第四章 家格制宮座と近世村落
 はじめに
 第一節 服部神楽講の現況と文書の伝来 
 第二節 宮座の変質―結衆から長男衆へ {1 結衆(十四〜十六世紀)/2 長男衆(十七・十八世紀)/3 変質の意義}
 第三節 宮座の再編―長男衆から神楽講へ {1 長男衆十二人体制(十八世紀後期)/2 神楽講への転換(十九世紀)}
 おわりに

第五章 村落神話
 はじめに
 第一節 村落神話の形成とその意義 {1 中世村落と村落神話/2 中世村落祭祀の神話性/3 村落神話の特質}
 第二節 能登国舳倉島の村落神話と草分伝承 {1 舳倉島の村落神話/2 中世神話と村落神話/3 村落神話と村落祭祀/4 村落神話と近世村落の草分伝承・由緒}
 おわりに

付論 近江国仰木荘における村落神話の重層性について

終章 村落内身分と村落構造・村落類型

あとがき
索引
販売価格

8,700円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Members

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM