越境する近代4 紙芝居と〈不気味なもの〉たちの近代 姜竣 青弓社

ホーム

人文・社会科学 言語学・記号学・メディア論

現代文化・風俗・サブカルチャー 文化・風俗

2008年2刷 A5判 P302 カバー上部少イタミ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

2,650円(税込)

購入数



2008年2刷 A5判 P302 カバー上部少イタミ

「戦前には〈不気味なもの〉として警察によって排除される一方で、教育現場に包摂され活用された紙芝居。その歴史をふまえて紙芝居『墓場奇太郎』の怪奇譚としての一面を明らかにして、紙芝居とその時代に映る〈不気味なもの〉から幻想と異端の実相を逆照射する。」(カバー紹介文)

紙芝居の歴史と社会の変遷、『墓場奇太郎』『コケカキイキイ』などに見られる民俗的怪異譚のモチーフ、その描写方法などを辿り、ロジェ・カイヨワ、レヴィ=ストロース、ベンヤミン、フロイト、柳田国男なども引き合いに出しつつ論じる。

目次:
序章 境界と両義性を越えて
 {1 はじめに/2 トーテミズムから人類学機械へ/3 タブーから不気味なものへ/4 歴史の天使と民衆/5 紙芝居研究の原点}

第1部 紙芝居はどこからくるのか
 第1章 紙芝居の時代
  {1 昭和恐慌と紙芝居の流行/2 紙芝居の歴史/3 紙芝居の実態と地域性}
 第2章 紙芝居に介入する社会
  {1 統制と対抗/2 街路の学校化}

第2部 物語とメディア
 第3章 醜いヒーローの形態学
  {1 物語の原風景/2 『墓場奇太郎』の誕生と成長/3 地底と空の形態学}
 第4章 絵の〈声〉を聴く
  {1 紙芝居と〈声〉/2 マンガと文字/3 絵の〈声〉を聴く}

第3部 〈不気味なもの〉たち
 第5章 怪奇の近代
  {1 『遠野物語』と怪談の間/2 荒ぶる神の原基/3 不気味なものへ}
 第6章 〈不気味なもの〉をめぐる問題系
  {1 社会的周縁と象徴的主体/2 ケガレ論からの問い直し/3 聖なるものの両義性を超え/4 われらが自我の幻想とメディア}
  終章 越境するローカルなもの
  {1 「境界」と「道」/2 紙芝居のトポス/3 ローカルなものと交通空間/4 グローバルなものとローカルなもの}

巻末にあとがき、人名索引、事項索引を収録

販売価格

2,650円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM