ボルヘス 伝奇集 迷宮の夢見る虎 今福龍太 慶応義塾大学出版会

2019年 四六判 P210 カバー僅キズ、端僅イタミ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

2,000円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
6月22日(終日)、23日(午前中)は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、22日夜または23日午後以降にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

海外文学評論・エッセイ

国内文学評論・エッセイ

人文・社会科学思想・哲学・社会学

幻想・綺想・怪奇・シュルレアリスム・前衛・・・海外幻想文学・芸術・評論




2019年 四六判 P210 カバー僅キズ、端僅イタミ

“20世紀文学の傑作(中の傑作)、ボルヘス『伝奇集』。
この巧智あふれる書物に向き合い、その多彩な謎を鮮やかにとりだして再‐物語化しながら、虎、無限、円環、迷宮、永遠、夢といったテーマをめぐる探究を読者に誘いかける。
ボルヘス流の仮構やたくらみを創造的に模倣しつつ語られた、まったく新しい画期的なボルヘス論。 ”(カバー袖紹介文)

目次:
プロローグ

【I 〈ボルヘス〉という秘め事】
アルター・エゴとしての虎
虚構《フィクシオン》と「伝奇集」
忘れられた語り手
「ボルヘス」とは誰か?
混淆の出自と言語の脱領域性《エクストラテリトリアリティ》
〈秘め事〉としての「読むこと」と「書くこと」
ボルヘスとともに迷宮の虎を追う

【II 「伝奇集」の来歴】
「アル・ムターシムを求めて」
ボルヘス、ウルフ、カフカ、ミショー
『伝奇集』の成立史
「物」という対話の場

【III 〈完全なる図書館〉の戦き】
バベルの図書館の無限性
もう一つの「図書館」
すべての書物、すべてのアイディア

【IV バベルの塔を再建すること】
「バベルの塔」の歴史
「バベルの図書館」の図像

【V 夢見られた私】
ボルヘスの円環と迷宮
「円環の廃墟」の夢
夢見る「作家」
「全員一致」 unanimeの夢

【VI 震える磁石《コンパス》の針の先に】
探偵小説「死とコンパス」
「コンパス」 brújula の迷宮
殺人事件の舞台
迷宮の都市ブエノスアイレス

【VII 永遠に分岐しつづける小径】
「八岐の庭」を彷徨う
「南部」の迷宮都市ブエノスアイレス
「新時間否認論」という哲学的闘争

参考文献
エピローグ
販売価格

2,000円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
6月22日(終日)、23日(午前中)は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、22日夜または23日午後以降にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Members

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM