女の信心 妻が出家した時代 勝浦令子 平凡社選書

1995年 四六判 P286 カバー背ヤケ、内側時代シミ 天・小口時代シミ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

3,700円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
4月18日(木)の午後から店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夕方以降にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

人文・社会科学宗教・民間信仰

人文・社会科学歴史日本史

江戸の文化・風俗




1995年 四六判 P286 カバー背ヤケ、内側時代シミ 天・小口時代シミ

“世俗社会では女性の役割が規制されて公的な場から次第に排除され、また男女の差も激しくなったが、尼となることは、一面で女性を縛っている制約から自由な立場を手に入れることだった。出家すれば婚姻関係は基本的に解消し、妻という役割から解放された。また、尼になることで、一定の行動の自由も得られたのである。”(カバー紹介文)

“尼削ぎや髪切りのような中途半端な髪型は、いずれにしてもその形態は一見したところは同じであり、むしろマイナスの評価を受けやすかったといえよう。そしてその短い髪の姿は、社会的身分の低下を示し、一人前の女性としての社会的な体面を失うことをともなうものであった。そして、本来は性を解脱していることを象徴している尼姿の女性に対して、その女性が尼となる由来や、その前歴に対して、性に結びつく憶測がなされやすかったのではないだろうか。女性の髪切り・尼姿が、性にかかわる制裁を連想させ、その制裁を受けた女性自身が男性の性の対象となりやすい存在であると関連づけられやすかったのではないだろうか。そしてこのことは、おそらく、中世・近世の髪を切った女性、熊野比丘尼などの尼姿の女性に対する、性の問題を含んだ社会的差別の問題にもつながっていくと思われる。”(カバー袖紹介文)

目次:
序女の信心史

第一章 尼削ぎ攷 ―髪型からみた尼の存在形態
 はじめに
 一 尼削ぎの宗教的意味
 二 尼削ぎの社会的意味
 おわりに

第二章 妻の出家・老女の出家・寡婦の出家 ―古代の事例を中心に
 はじめに
 一 妻の出家 ―既婚女性の出家と婚姻関係
 二 老女の出家 ―隠退・世捨て死と出家
 三 寡婦の出家 ―貞節・追善と出家
 おわりに

第三章 女性の発心・出家と家族 ―中世後期の事例を中心に
 一 比丘尼の懺悔
 二 髪切り離婚出家
 三 寡婦の出家と婚姻関係
 四 家政と出家
 五 娘の出家と家族
 六 足の自由

第四章 古代における母性と仏教
 はじめに
 一 母性の尊重と仏教
 二 僧と母
 三 僧と母の絆
 おわりに

第五章 「洗濯と女」ノート
 一 なぜ洗濯をするのは女なのか
 二 僧衣を洗濯する女
 三 女の仕事と洗濯
 四 洗う力と女
 おわりに
 補 血穢について

第六章 女の地獄と談義:
 一 法華経談義と女だけの血脈授与
 二 血盆経信仰への展開

第七章 院政期における夫と妻の共同祈願
 はじめに
 一 男女名併書の写経・造像銘の考察
 二 祈願内容の検討
 三 夫妻の共同祈願の役割
 おわりに

あとがき
販売価格

3,700円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
4月18日(木)の午後から店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夕方以降にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Members

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM