道元「永平広録・上堂」選 大谷哲夫 講談社学術文庫

2005年 文庫判 P289 カバー少スレ ページ角僅折れ跡

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

700円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
9月25日(月)の午後から店主外出のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

人文・社会科学宗教・民間信仰

文庫、新書、選書講談社学術文庫




2005年 文庫判 P289 カバー少スレ ページ角僅折れ跡

“法堂に上り、修行僧に真っ向から問いかける。道元の語録を集めた『永平広録』「上堂」からは、今も、道元の息遣いが聞こえ、迫力ある声が響いてくる。「依草の家風、附木の心」「空手還郷」「眼横鼻直」。禅の奥義に迫る、簡潔で磨き上げられた言葉の数々。
本書は、五百三十一回の「上堂」の中から、応時応節の代表的なものを選び、懇切丁寧な解説を施す。”(カバー裏紹介文)

節ごとに原文(読み下し文および訓読文)、現代語訳、語義、解説で構成される。

目次:
はじめに
凡例

十月
 {巻頭の上堂 二題/開炉の上堂}
十一月
 {冬至の上堂}
十二月
 {臘八成道の上堂/断臂会の上堂}
一月
 {歳旦(歳朝)の上堂/正月十五日の上堂}
二月
 {涅槃会の上堂}
三月
 {鎌倉より帰山しての上堂}
四月
 {釈尊降誕会の上堂/結夏の上堂}
五月
 {端午の節句の上堂/仏樹和尚忌の上堂}
六月
 {晴を祈る上堂/大仏寺を永平寺と改称する上堂}
七月
 {解夏の上堂/天童和尚忌の上堂}
八月
 中秋(月夕)の上堂}
九月
 {九月初一の上堂/源亜相忌の上堂}

解説 『永平広録』について
販売価格

700円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
9月25日(月)の午後から店主外出のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Members

はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM