江戸 失われた都市空間を読む 玉井哲雄 イメージ・リーディング叢書 平凡社

1986年2刷 A5判 ソフトカバー P201 帯文 カバー背少ヤケ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

700円(税込)

売り切れました

人文・社会科学歴史日本史

江戸の文化・風俗




1986年2刷 A5判 ソフトカバー P201 帯文 カバー背少ヤケ

“家々には穴蔵、表通りに雁木状のアーケード…
日本橋、京橋、大伝馬町、知られざる江戸町がいま、甦る。”(帯文)

“この本では、従来必ずしも十分にあきらかにされていない江戸時代初期・前期に重点を置き、江戸町に関する様々な問題の一端をあきらかにしようとしている。
ここで用いたのは、江戸の町割、江戸町を構成していた町、その基礎である町屋敷、さらにその中に建てられていた表店などの住居という具体的なものをまずあきらかにし、それらが当時、どのような意味をもっていたのかを考えるという方法である。主として取り上げた日本橋、京橋などの江戸町中心部は、江戸全体の生産、流通という都市機能を担う中心であり、その実態と変化の過程をあきらかにすることが、近世都市江戸を考察する場合の基礎として重要である…〈序―江戸をどうとらえるか〉より”(帯裏紹介文)

目次:
序 ―江戸をどうとらえるか

第一部 初期江戸の町と町家
 近世江戸のはじまり
 角屋敷の三階櫓
 表長屋の町並

第二部 江戸町の発展と町家
 庇と「雁木」
 京間と田舎間
 穴蔵と土蔵

第三部 江戸から東京へ
 江戸町の繁栄と地価高騰
 「表」と「裏」

あとがき
所蔵一覧
成稿一覧
販売価格

700円(税込)

売り切れました

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Members

はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM