オイディプスの刃 赤江瀑 角川書店

昭和49年初版 四六判 P256 帯スレ、少時代シミ カバー背僅ヤケ 端僅イタミ 天少汚れ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

1,000円(税込)

購入数

国内文学小説

幻想・綺想・怪奇・シュルレアリスム・前衛・・・国内幻想文学・芸術・評論




昭和49年初版 四六判 P256 帯スレ、少時代シミ カバー背僅ヤケ 端僅イタミ 天少汚れ

“俊鋭が織りなす 妖美華麗なロマンの世界
名刀「備中次吉」の刃の妖しいきらめき、……「疑惑」の花ラベンダーの豊潤な香……。明るい夏の日の午後、大迫家に起った、血の惨劇をプロローグに、ギリシア悲劇の王オイディプスのように母を愛した三人の男兄弟の不吉な運命を、謎を秘めた劇的展開のうちに描く、著者会心の作。”(帯文)

“惨劇は、明るい陽光のふり注ぐ夏の日の午後、大迫家に起こった。……
 庭木立の、赤いハンモックに寝た、刀研師秋浜泰邦の若々しい肉体に振りおろされた名刀の白刃、その刃で胸を突いた母の死、それに続く、父の割腹。
 白日夢に似た、三つの死は、大迫家を一挙に瓦解させ、長男明彦は、母と同じ調香師の道を選び、次男駿介は、酒場マスターとなって自暴の日を送った。そして、三男剛生は、謎の失踪をしたが。……
 美貌の母と妖刀「備中次吉」の魔力と、「疑惑」の花ラベンダーの芳潤な香りに魅かれて運命を狂わす三人の男兄弟を描き、妖美華麗なロマンの世界を織りなす、俊鋭の会心作。”(カバー袖紹介文)

目次:
第一章 赤きハンモックに死は棲みて
第二章 少年の鎧の響き
第三章 ラベンダーの刃
第四章 花鎧の緒は切れて
販売価格

1,000円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Members

はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM