地球内部からの円盤 ブリンズリー・ルポア・トレンチ 訳:村社伸 角川文庫

昭和51年3版 文庫判 P238 カバー少スレ、背ヤケ、内側少時代シミ 小口からページ端にかけてヤケ 口絵ページ端時代シミ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

500円(税込)

購入数

文化・風俗・サブカルチャー呪術・占術・オカルトサイエンスほか

文庫、新書、選書




昭和51年3版 文庫判 P238 カバー少スレ、背ヤケ、内側少時代シミ 小口からページ端にかけてヤケ 口絵ページ端時代シミ

“世界各地でUFOの目撃が報道され、信憑性のある多くのデータから、今や、UFOの存在は否定しがたい事実となった。しかし、その発進地と目的については、依然として謎に包まれている。
いったい、 UFOは何のために、そしてどこから飛来するのか。
本書では、UFOをアトランティス文明、地球空洞説と関連させて、壮大な仮説を展開する。著者によれば、太古にアトランティスとともに海底に深く沈んだアトランティス人の末裔が、今も地底に住み、UFOを発進させながら、秘かに人類の滅亡をたくらんでいるという。
綿密な実証と大胆な発想で、UFOの謎に挑む注目のユーフォロジー。”(カバー袖紹介文)

目次:
感謝のことば
はじめに

【第一部 アトランティス大陸の謎】
1 アトランティスの位置
2 はるかなる大帝国
3 トロヤをしのぐ大発見
4 ティアワナの謎
5 巨人たち《ジャイアンツ》と巨神たち《タイタンズ》
6 アトランティスのトンネル
7 大激変《グレート・カタストロフ》
8 ハデスとタルタロス

【第二部 地球空洞説
9 内側世界《インナー・ワールド》の伝説
10 情勢は有利
11 人類が北極点に到達したことはあるのだろうか?
12 ロシア人はそこに到達した!
13 極点上空の民間航空機と極点下をゆく潜水艦
14 さらにやっかいな質問
15 秘密にされた測地
16 極地のかなたの陸地
17 地球内部への南極通路
18 人工衛星写真が示すもの
19 完全な申し立て

【第三部 地球内部の住人】
20 ウォルフピッツの緑の子供たち
21 デロとテロ
22 われわれは幻惑されているのだろうか?
23 彼らはあまりに知りすぎた
24 地底のハミング
25 ピューマの謎
26 なぜ地球内部人は地球表面に現れるのか?
27 われわれの中に《第五列》がいるのだろうか?
28 一九九九年
29 軍事作戦
30 クライマックス

あとがき
個人としての声明
販売価格

500円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Members

はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM